@Minya_J
暇爺 :趣味は2輪と猫と何・程両氏の大雑把翻訳。

DeepLくん翻訳;❌彼清流★中国経済は衰退している、北京には免許がない→ ⭕️ 何清漣★中国経済は衰退に向かうが、北京にカードなし

次の原稿が香港関係なのでそっちを優先します。DeepLくんは大雑把に何を書いてあるか知るのに便利ですが、「必ず間違いがあります」です。固有名詞は全部だめだとおもってくださいw。あと「否定文を肯定文に」誤訳しちゃったりしますのでご用心。明後日ぐらいには翻訳したい遠戻りますが、それまで暫定で(^^;)



中国政府は27年ぶりにGDP成長目標を設定しておらず、「世界第2位の経済大国」と呼ばれる中国は、外界への依存度が極めて高いため、土足の巨人のような存在であり、国際情勢が変われば脆弱になる。

中国政府と国民は「自信は生産性」と信じており、経済難の時も天災や人災の時も、統計や宣伝部門は「夜明けはすぐそこ」という幻想を作るために必死になっている。 今年に限っては、今年と違って政府の作業報告書ではGDP成長目標すら設定されておらず、中国が初めて政府の作業目標としてGDP成長率を盛り込んだ1994年以降、毎年のように数値的なGDP成長目標を盛り込んできた。 この異例の動きが物語っている。今年の第1四半期のゼロ成長は続くだろうし、中国政府は経済を押し上げるのに苦労している。

中国政府の最高の景気刺激策が失敗している
中国政府は27年ぶりにGDP成長率の目標を設定していない。 ウォールストリート・ジャーナル紙は、中国が40年間で最悪の経済収縮を経験した後、中国の指導者たちが大規模な景気刺激策を打ち出すことを急いでいなかったため、成長目標が設定されなかったと主張している。 習近平が流行が深刻だった今年2月には早くもタイムリーな仕事の再開を要求したため、最終的には地方自治体が仕事の再開目標を設定したり、工場が機械の空回しを余儀なくされたりと、中国の指導者の忍耐力を過大評価しているのではないかと心配しています。

大規模な景気刺激策が導入されても、もう後戻りはできないのではないかというのが私の見解です。 最近のインタビューでは、複数のジャーナリストが「中国政府は他にどんなカードを持っているのか? 私の答えは、外に出るための免許証ではありません。

中国経済について最も議論されているのは、「4兆ドル規模の景気刺激策」を再開するかどうかだ。 この議論は、実際には冗長であり、ほぼ3年間、中国は量的緩和、金融リリース、2018年には、180兆元以上の中国の広範なお金(M2)の残高を実装している、前年比8.4%アップ2019年には、12月だけで、1.14兆元の新元ローンは、わずかにロイター調査の中央値1194億元を下回ったが、経済を刺激することはほとんどありませんでした。

米国は中国を為替操作者とレッテルを貼る
人民元切り下げの裏側:中国外貨準備高の謎
中国政府の景気刺激政策は、主に鉄道、高速道路、公共施設などのインフラ建設や不動産に多額の投資を行うものであるが、現在では、鉄道、都市地下鉄、不動産ともに長らくキャパシティオーバーとなっており、地方政府や関連企業は巨額の借金を背負って、投資してもキャパシティオーバーを増やし、政府や企業の借金を増やし続けるだけである。

中国の高額債務は国際投資界の大きな関心事であり、ほぼ毎年のように問題提起されており、米中貿易戦争の圧力で中国の年間成長率6.3%が2019年に「27年ぶりの低水準」を記録した後、303%の債務が再び米英日の金融メディアの紙面を賑わせ、コメンテーターも中国の債務が大きな危機に瀕していることに同意しています。

このようなシナリオは、興奮を高めることは、喉の渇きを癒すことに等しい。

シックス」から「シックス」へ、世界の「経済エンジン」がサバイバルになる
今年、中国の李克強首相は昨年のGDP「六」を「六」(雇用、基礎生活、市場の主力、食料・エネルギー安全保障、産業チェーンのサプライチェーンの安定、草の根活動を守る)と「六」(雇用、金融、対外貿易、対外投資、投資、期待を安定させる)に変えた。

いわゆる「六安定」とは、2018年に提案された経済ガバナンス政策ですが、結果は満足のいくものではなく、雇用、対外貿易、対外投資も安定していないため、「六保護」が追加されています。 GDP成長率の目標が設定されなくなったため、「安定的な期待」が冗長になる。

六つの保障」については、政府の統治に関わる草の根レベルの運用を除いて、いずれも国民の基本的な生活状況に関わるものである。 基本的生存条件の保全を国策として扱うことは、実は生存の基本条件が保全されていないかのように扱うことである。 中国共産党三朝の理論的指導者である鄭碧眼氏が米国の外交政策について「中国の平和的台頭」という記事を書いて米国に対抗しようとした2005年から、基本的な生存を守ることしかできない今日に至るまで、15年の間にどのようにしてここまで来れたのか。 長いレビューを書く価値はあります。 ここにストークを放り込むだけで、本題に戻ります。

伝染病は、一度海外からの受注がなくなると中国企業の立ち上げ率が低く、すぐに失業者が激増するため「雇用の温存」、石油や天然ガスなどの主要エネルギー源の68%が国際市場に依存しており、小麦、トウモロコシ、大豆の三大主食穀物は海外市場への依存度が極めて高いため「基本的な生活の温存」、2018年に発表された公式データによると、中国の穀物自給率は約82.3%(世界の安全基準の90%を下回る)、穀物自給率は約95%にまで低下しており、国際関係が緊迫し、外貨準備が縮小すると、食料とエネルギーの安全保障が必須となる、いわゆる「産業連鎖と供給連鎖の安定の温存」、産業連鎖とは中国製造業の国際需要を指し、供給連鎖とは原材料、穀物、エネルギーの国際的な供給連鎖を指す。 食糧、電気、ガス、交通(ガソリン)など、人々の生活に関わるものであり、「市場体を守る」とは企業を守ることであり、企業を守るとは雇用を守ることである。

中国は世界第2位の経済大国だが、外界への依存度が高いため、土足の巨人のようなもので、国際情勢が変われば非常に脆弱になる。 疫病が流行する前、中国は経済グローバル化の旗を掲げ、疫病が流行している間は世界をリードして疫病との戦いに臨みたかったが、各国の外交的孤立に遭遇した今、中国は基本的な生存を維持することだけを追求するところまで堕落してしまった。

中国は海外市場に負けているし、国内市場では内需不足が深刻
中国の内需14億人を押し上げることができると考えている国内ネチズンは相当数いる。 これは、中国の消費率が何年も一貫して低いということを理解していない全くの無知である。

長年、中国の投資、外商、内需を支えるトロイカの中で、いわゆる内需が最も弱い。 2019年の消費率は57.8%と高く、米国などの先進国の70%前後を大きく下回っていることを関係部局は喜んでいる。 なぜなんでしょうか? 中国の住宅支出が高すぎて、他の消費を圧迫しているからだ。

ここに中国の公式数字があります:2018年末、中国の住民負債は45.92兆元に達し、2014年から154.1%増加し、年平均成長率は20.51%で、これは驚異的と言えるでしょう。 同期間に、総可処分所得は42.5%(年平均7.3%)しか伸びず、GDPは41.4%(年平均7.2%未満)しか伸びませんでした。 過去5年間で、中国の総居住者負債はGDPや可処分所得の3倍の速度で拡大している。 中国銀行監督管理委員会の郭秀清委員長は、新たな貯蓄資源の約半分が不動産に投資されており、多くの世帯が持続不可能なレベルの負債を抱えていると公言している.2018年、住宅ローンは居住者の負債の56.1%以上を占めている。 住宅関連の債務が70%を超える 異常に高い家計負債は、大きなシステム金融リスクを隠しているだけでなく、中国人の消費力を著しく圧迫している。

中小企業の創業率の悪さと債務超過。 中国の失業率はさらに厳しくなり、中国の人口は消費力が低下し、内需を押し上げることが難しくなる。

各国は中国への依存度を下げるために国内経済を調整すべきである
苦労を楽にするのは人間の習性であり、経済を中国に大きく依存している国は、今年の2回のセッションで中国がGDP成長率の目標を設定しなくても、厳しい景気後退の現実に直面することになるだろう。 また、世界経済が発展のエンジンを失ったことを強く懸念する解説もある。 中国経済に過度に依存している数少ない国が、過去に中国を怒らせてしまったのは、罰を恐れてのこと。 最近は中国に不利な状況になってきており、5月23日まで華為5Gの放棄を拒否していたイギリスが、華為5Gの放棄を発表したばかり、日本の安倍首相はついに勇気を出して、ウイルスは中国から来たものだと公に主張した。 これらはすべて、中国の習近平国家主席が「経済のグローバル化が逆風になっており、中国は国際交流において制限を受けている」と認識している。

過去10年ほどの間に、中国が「世界経済のエンジン」とみなされてきたのは、中国共産党が世界中でエネルギーや農産物を購入したり、援助や寄付(例えばアフリカやWHOへの寄付)で影響力を買うことができる莫大な外貨準備があるからである。 しかし、

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

原文は 中国经济走衰,北京手中无牌 https://www.sbs.com.au/language/mandarin/zh-hans/why-does-china-drop-its-gdp-growth-target-for-the-first-time-in-decades


via Twishort Web App

Retweet Reply
Made by @trknov