@soulsearcher216
吉岡正晴 The Soul Searcher

オスカー/アカデミー賞でのタイラー・ペリーのスピーチ全訳 @tylerperry #oscar2021 #oscar #refusehate

Tyler Perry honored at the Academy Awards with Jean Hersholt Humanitarian Award  (3分23秒)
2021/04/26

https://www.youtube.com/watch?v=rpmWmak8pss

2021年4月25日(日本時間26日午前)アカデミー賞授賞式におけるタイラー・ペリーがジーン・ハーショルト友愛賞を授賞したときのスピーチ。詳細は、明日付(2021年4月28日付け)ソウル・サーチン・ノート/ブログでご紹介します。
https://note.com/ebs/n/nc326c928202b

~憎しみを拒絶し、物事を表面的に見ることをやめ、真ん中に立とう~ #refusehate

(大意)

ありがとう、ありがとう。ほんの数分しか与えられていないので、まず特別な感謝をミス・ヴァイオラ・デイヴィスに、今夜ノミネートされているにもかかわらず、これをやってくれて、ありがとう、ありがとう、感謝しています。ボード・オブ・ガヴァナーズ(委員会のメンバー)、特にウーピー・ゴールドバーグ、エイヴァ(・デュバーニー)にも。

私が誰かを助けるのは、ただ、そうしたいからです。誰かに人道的支援をする以外の他意はありません。17年前の出来事を思い出します。映画製作のためビルを借りていました。ある日、車に乗ろうとするとホームレスの女性が近づいてきたので、お金をあげようとしました。判断ということにゆっくり話したいと思いますが、ポケットに手をいれお金を出そうとしました。すると彼女が『すいません、靴はありますか?』と言ったんです。体が凍りそうになりました。かつて自分がホームレスでたった一足の靴を履き、それがよれよれになっていたからです。そこで『わかった』と言って、彼女をスタジオに連れて行きました。最初彼女は躊躇していましたが、スタジオに行きました。ワードローブに行き、そこには壁中にたくさんの箱があって、衣装やいろんなものが置いてありました。その真ん中に立って、いくつかの靴を見つけ、彼女に履かせたんです。私は立ちあがって彼女が私を見上げるのを待っていました。でも彼女はずっと下を向いたままでした。そして、やっとの思いで頭を上げると、彼女の眼には涙があふれていました。彼女は言いました。「神様、ありがとう。足がやっと土から離れたわ!」(少しどよめき)

そのとき彼女が、『靴なんかねだって嫌われると思ったんです』と言ったのです。私は答えました。「僕もあなたと同じようにホームレスだったんですよ、あなたを嫌うわけないでしょう? 母は(人種差別の)ジム・クロウ時代のルイジアナの田舎に育ちました。ミシシッピーとの州境のあたりです。母は9歳か10歳でエメット・ティルがリンチされ虐殺されて悲しみにくれていました。それからアラバマ州バーミングハムの(教会)爆発で少年少女が殺されて泣きました。子供の頃家に戻ると母が、仕事のはずなのに家にいて、泣いていました。彼女の仕事場に爆破予告があったんです。彼女はそのユダヤ人コミュニティー・センターで子供たちの面倒をみていたのですが、そんな子供たちがいるところを爆破しようとするなんて信じられなかったのです。

私の母は、(人を)憎んではいけないと教えてくれました。『表面的なことを見て判断』してはいけないと教えてくれました。そして、この現代、インターネットやソーシャル・メディア、アルゴリズム、そうした環境が、ある方向に考えを向かわせようとします。一日24時間ニューズ、情報が巡ります。私たちみんなが私たちの子どもたちに、憎しむことをやめなさい、と教えたいのです。私は、その人物がメキシカンだから、ブラックだから、白人だから、LGBTQ(レズビアン、ゲイなどの性的少数派)だからという理由でその人物を憎んだりしません。(拍手)私はその人物が警官だから、アジア人だからという理由で憎むことは決してしません。

私は私たちが憎むことを辞めるように願います。そして、このジーン・ハーショルト人道賞をどのような壁がそこにあろうと、その真ん中に立とうとするあらゆる人に捧げたいと思います。真ん中に立つことで、癒しが巻き起こるのです。そこでこそ、会話が始まるのです。そこでこそ、変化(チェンジ)が起こるのです。そうしたことは、(右や左ではなく)真ん中で起こるのです。ですから、私と真ん中で会いたいと思い、憎しみを拒絶し、『表面的な判断』を拒絶し、誰かの足を地上から持ち上げる手助けをするような人、そういうあなたにこの賞を捧げます。神のご加護がありますように、アカデミーありがとう。感謝しています。ありがとう。(スタンディング・オヴェーション)

(仮訳・ザ・ソウル・サーチャー)

"Thank you. Thank you, that is, that’s incredibly kind. Thank you so much. They only gave me a few minutes so I wanna say a very special thanks to Miss Viola Davis, who is nominated tonight and doing this. Thank you, thank you, I really appreciate it. To the Board of Governors, especially to Whoopi Goldberg, Ava (DuVernay).

"You know when I set out to help someone, it is my intention to do just that. I’m not trying to do anything other than meet somebody at their humanity. Like a case in point, this one time I remember I was, maybe it was about 17 years ago. I rented this building and we were using it for production and I was walking to my car one day and I see this woman coming up out of the corner of my eye and I say, she’s homeless, let me give her some money.

"Judgment. I wish I had time to talk about judgment. Anyway, I reach in my pocket and I’m about to give her the money. She says, 'Excuse me sir. Do you have any shoes?' It stopped me cold because I remember being homeless and having one pair of shoes and they were bent over at the heels. So I was like, 'yeah.' So I took her into the studio. She was hesitant to go in, but we went in. We go to wardrobe and there all these boxes and everything around the walls and fabrics and racks of clothes. So we ended up having to stand in the middle of the floor. So as we’re standing there in wardrobe, we find some shoes, we help her put them on. I stand up, I’m waiting for her to look up and all this time she’s looking down. She finally looks up. She’s got tears in her eyes. She said 'Thank you, Jesus, my feet are off the ground.'



"In that moment I recall her saying to me 'I thought you would hate me for asking.' I’m like, 'how can I hate you when I used to be you?' How can I hate you when I had a mother who grew up in a Jim Crow South in Louisiana, rural Louisiana right across the border from Mississippi, who at 9 or 10 years old was grieving the death of Emmett Till. And she got a little bit older. She was grieving the death of the Civil Rights boys and the little girls who were in the bombing in Alabama. She grieved all this all these years and I remember being a little boy and coming home, and she was at home like, 'what are you doing home? You supposed to be at work.' She was in tears that day. She said there was a bomb threat and she couldn't believe that someone wanted to blow up this place where she worked. Where she took care of all these toddlers. It was the Jewish Community Center.

"My mother taught me to refuse hate. She taught me to refuse blanket judgment, and in this time, and with all of the Internet and social media and algorithms and everything that wants us to think a certain way, the 24-hour news cycle, it is my hope that all of us, we teach our kids and I want to remember, just refuse hate. Don’t hate anybody. I refuse to hate someone because they are Mexican or because they are Black or white or LGBTQ. I refuse to hate someone because they are a police officer. I refuse to hate someone because they are Asian.


"I would hope that we would refuse hate and I want to take this Jean Hersholt Humanitarian Award and dedicate it to anyone who wants to stand in the middle, no matter what’s around the wall. Stand in the middle ’cause that’s where healing happens. That’s where conversation happens. That’s where change happens. It happens in the middle. So anyone who wants to meet me in the middle, to refuse hate, to refuse blanket judgment, and to help lift someone’s feet off the ground, this one is for you too. God bless you and thank you Academy. I appreciate it. Thank you."




~~~~


via Twishort Web App

Retweet Reply
Made by @trknov