@Name_Take
店員 MSK(Eno.2087)

人狼ログをSigil+Aldikoで素敵に持ち歩くメモ

(という名のぼくが行っている手順メモ)

1.ログを保存する
・プロローグのみ全て表示したあとブラウザのページ保存機能で保存。
・残りはhttp://~/sow.cgi?css=***&turn=*&vid=**&mode=all&rowall=onを日数分用意したリンクリストを作って右クリック保存する。
・毎回ブラウザで表示してると鬼重いのと、***_filesが鬱陶しいのと、後々の置換を楽するため。
(cssは好みでいいと思います。Aldikoでは表示できません。後々css適用できて読みやすいePubリーダが出てくる時に備えて適用しておきたい方はcssを"用意して"ください。)
(プロローグの_filesフォルダに入っているcssを見るとわかりますが、議事のcssはinportを使っているため、落としたcss単体では動作しません。各々のcssをコピペして1ファイルに。)
(そこも処理してローカル保存する方法もあったのですが、割愛。)
(※てか、将来リーダを乗り換えたときは結局色指定を消すのでファイルを更新する必要があり、現時点では"いらない"でいい気がします)

2.ヘッダフッタを削る
・<form action="./sow.cgi" method="post" class="login">~全て表示の下の<hr class="invisible_hr">
・最下部の<p class="pagenavi">~</address>
・この2箇所を全ファイル削ります。あってもいい人は残しても構いませんが。
・<h1><a href="~"><img style="width: 580px; height: 161px;" src="***_files/title580*.jpg" alt="人狼議事" height="161" width="580"></a></h1>(タイトル画像部分)を<h1 style="display:none;">a</h1>に書き換える
・aでなくてもいいんですが、何もないタグはSigilが勝手に消してしまうようなので。とりあえず何か挟んでおきます。不可視なので何書いても見えません。

3.Sigilにインポート
・プロローグの_filesの中身を、キャラグラフィックのみ残して削除します。
・Sigilを起動し、プロローグのhtmlを読み込みます。
・無事にグラフィックなど表示されていることを確認したら、F11を押してコードビューにします。
・左ペインの[Text]フォルダを右クリックし、[Add Existing Items...]より全htmlファイルを追加します。
・ePub形式で一旦保存します。
・ここまでで読むことだけはできます。ただし独り言が化けたり、しおりを読むたびフリーズしたりするので修正します。

4.置換をかけます
(マシンパワーを要するかもしれません。メモリの確保に注意してください)
・Replaceダイアログを表示し、Current FileをALL HTML Filesに変更してから
<p class="mes_date"→</font><p class="mes_date"
【人】→<font color="">【人】(↑で閉じタグをつけてしまっているので、無色の指定をします)
【独】→<font color="グレー系とか">【独】
【赤】→<font color="赤系とか">【赤】
【墓】→<font color="青系とか">【墓】
<em class="***">→(空白に置換して消去。classはインポートした際に書き換えられるようなので、/*で検索するなどして探してください。閉じタグは自動消去されます)
h3→div
/WebRecord/images/portrate/→../Images
(もしcssを利用しているなら)/WebRecord/stylesheets→../Styles
・意外と置換性能は良好です。重いですが、待っていればどうにかしてくれる感じ。
・鳴とか恋とかいたらその分もカラー変更してください。

5.TOCとMetaをいじります
・Tools→TOC EditerでTOCを表示すると、aが並んでいるような気がします。
・これは見出しエディターです。各々のaは2.でタイトル画像を不可視の見出しに書き換えた部分です。
・aの部分をダブルクリックし、プロローグ、1日目、2日目……と名前を編集していってください。
・見出しとして必要がないものが混ざっていたらチェックをはずしてください。見出しとして認識しなくなります。
・同じくTools→Meta Editerでブック情報を編集します。htmlソースにAutherとしてあずさんの名が明記されているので、デフォルトで入っていたりします。
・村名なりなんなりいじっておくと読むときわかりやすいです。menu出したときにも見えるので、ちょっと見栄えがいいです。LanguageはEnglishのままでも日本語で読めます。
・Add Basicで他のよくある情報も入れられます。Publisherを付けておくとAldikoにインポートした際に見えたり見えなかったり。

5.気分が乗ったら表紙を付けます
・/*590×750の好きな画像を用意します。なんでこのサイズなのかはよくわかりません。マニュアルに書いてあるので。*/←ごめんなさいうそでした
・2:3比率の任意の画像を用意します。が、これはAldikoが特殊な比率で、一般的には3:4比率が使われるので、他のリーダーだとアスペクト比が狂うはずです。ごめんね。
・[Text]フォルダを右クリックし、[Add New Item]します。Existingじゃない方です。
・白いページが最後方に追加されるので、ドラッグして一番上に配置し、編集します。
・F9を押してページビューにし、Insert→Image...より表紙画像をつっこみます。
・左ペインの追加されたページを右クリックし Semantics→Coverをチェックします。
・同様に表紙画像も右クリック→Add Semantics→Cover Image。
・<head>〜</head>内に、
<style type="text/css">
<!--
p img{width:100%; height:100%; padding:-3px;}
-->
</style>
を突っ込みます。paddingは割と適当です。マイナスしとけば多分平気です。

6.読みます。
・AndroidのSDカードに何らかの方法で作成したePubを保存します。
・Aldiko Book ReaderをAndroidにインストールし、左上の家アイコン→SD Cardで保存したePubを探し、Inport to Aldikoします。
・読んでみて調子を確かめます。フォントサイズ、マージン、背景色、デフォルトの文字色など結構細かい設定ができるので、調整します。
・menuを開いてGo to...より見出しへのジャンプ、しおりを開く、しおりを追加する、ページジャンプが出来ます。
・検索ボタンより本文検索もできます。アンカーはたどれませんがちょっとした補助にはなるかと。

7.おまけ
・ごめんガラケーはわからないよ
・/*正確には、表紙に占有されているのは1ページだけのはずなんだけど、何故か1ページに3タップくらいかかるんだよね。謎。*/修正されました
・気の遠くなるようなページ数が見えることもあります。生きてください。読めば必ずエピに行けます。そう信じるんだ。


via Twishort Web App

Retweet Reply
Made by @trknov