@AD_VLF
van

Google+投稿の転載

モロバレル+ゲンガーのコンビネーション

モロバレルの後攻催眠から祟り目ゲンガーに繋ぐ動きに注目した
ゲンガーは普通の鬼火型でも構わないが、身代わりを高確率で残せることから素催眠型にしても良い

モロバレル
調整は図太いHBベース(呑気最遅でも良い)
221-81-122-105-112-50
・B:A182ガブリアスの逆鱗をヘドロ込み2発確定耐え
・D:珠ゲッコウガの冷凍B確定耐え
こういった第5世代全国ダブルのテンプレ調整で流用可能

持ち物はPT全体がガルーラに薄くないならば黒いヘドロで良い
逆にガルーラに薄いならゴツメにすべきだろう

技構成
イカサマ 威張る 身代わり 胞子@黒いヘドロ
イカサマ ヘド爆 ギガドレ 胞子@ゴツメ

黒いヘドロの場合は上の構成が最も強力
催眠と混乱の複合で身代わりを高確率で残せ、相手のA上昇でイカサマが有効打となるため持ち物、技構成全てが噛み合う形だろう
逆にゴツメの場合は居座りを想定しないため起点回避の対面遂行性能を上げるため3ウェポンにした


ゲンガー
調整は基本的には臆病CSだが、鬼火採用ならばHSベースでも良い
持ち物は珠又はメガストーン
技構成
メガストーンの場合はAT滅び型にしても良い
祟り目 気合玉 身代わり 滅び@メガストーン
その他は鬼火型、素催眠型が有効
祟り目 気合玉 身代わり 催眠or鬼火@珠orメガストーン

バレルゲンガーは珠ゲンガーを使えばメガ枠を消費せずに強力なシナジーを構築出来る点も興味深い


PT構築例

デンリュウ@メガストーン
霊獣ランドロス@スカーフ
クレッフィ@残飯
ゲンガー@珠
モロバレル@ゴツメ
ガルーラ@メガストーン

バレルゲンガーの並びと相性補完で優れるメガデンリュウをメガ枠に添えた形
キノガッサは問題ないがマンムーなどを意識してガルーラを採用
相手のガルーラに薄いためバレルはゴツメ
ゲンガーや霊獣ランドロスと相性が良く悪戯電磁波、鋼枠としてクレッフィ

化身ボルトロス@オボン
クチート@メガストーン
カイリュー@珠
ポリゴン2@輝石
ゲンガー@メガストーン
モロバレル@ヘドロ

先程のデンリュウ枠を化身ボルトロス+カイリューに分割した形
それと補完が優れるメガ枠としてクチート
クチートとゲンガー両方とシナジーが期待出来るトリル型のポリゴン2
ゲンガーは鬼火型にするためガルーラは意識出来ているとしてバレルはヘドロ

バンギラス@メガストーン
ファイアロー@珠
霊獣ランドロス@弱保
クレッフィ@粘土
ゲンガー@メガストーン
モロバレル@ヘドロ

ランドバンギアロー軸の補完としてのバレルゲンガー
クレッフィで壁展開も想定するため霊獣ランドロスは弱保爆発で、ステロ又は重力
ステロならばゲンガーは滅び型、重力ならば催眠型とする
ガルーラに薄くないためモロバレルはヘドロ


以上のようにバレルゲンガーは考察対象としてかなり興味深かった


via Twishort Web App

Retweet Reply
Made by @trknov