@arudebaran60y
天地人★アルデバラン★星花愛

B7527 ◎■田中宇様:17万人を数えるメルマガ「田中宇の国際ニュース解説」>見えてきた日本の新たな姿/安倍政権は昨年後半から、対米従属から微妙に外れる新戦略を、目立たない形ながら、次々ととっている https://twishort.com/clPjc

B6159 ■TN様:安倍の無法治国家は「条約の批准」も無く豪州と軍事同盟文書だけで締結/国会の議論審議も無く集団的自衛権等を伴う同盟の危険性/テロ防止の名目で「共謀罪」の法案化/国会など無視してNSCの仲間で突然実行するで twishort.com/cp4jc

B7528 ■田中宇様:(1)日豪での潜水艦技術の共有化(2)従軍慰安婦問題の解決で再開された日韓防衛協定や北朝鮮核6カ国協議(3)安部首相による日露関係改善の試み

B7529 ■田中宇様:(4)中国の脅威を口実とした東シナ海から南シナ海に向けた自衛隊の諜報活動(日本の軍事影響圏)の拡大、など/●平和と共生を希求する皆様、田中宇(さかい)氏のニュースは是非、愛読されたほうがいいと思ってます

B7530 ●私の場合は、会社での後輩が、「これを見ながら事業計画を考えるのは当たり前」などと言われ、初めて認識した次第/最近は、「金融世界大戦」の中国語訳が台湾で出版され(晨星出版社。訳:蕭辰倢)中国も視野に入っているよう

B7531 ●アマゾン カスタマーレビュー 「金融世界大戦 第三次大戦はすでに始まっている」も参考にされたほうがいいと思います/これは宣伝ではないつもりです/後は自己努力をどこでどうするかになる訳です。

B7532 ●リプレイス活動などと偉そうに提唱してますが、ただ、『人間は変わりにくいが、あっという間に変わる』『人間はなかなか死なないが、あっという間に死ぬ』というのは経験上、気がついたことであり、あり勝ちに思えます

B7533 ●そしてその程度の信念でお互いにやっていってもいいのでは/たとえ助言するにしても、最後の一言は『これは自分の情報からのものであり、最後に決めるのは○○ちゃんだからね』というのが口癖せした

B7534 ●随分、アドバイスがヒントになりアクションが有効、妥当なものになり助けられ、実績に繋ぐことができました。ということで、この田中宇氏の情報が皆様のヒントになれば幸いです。

B7535 ●「日本は、2つの列島線の間を、日豪亜同盟として影響圏にするだろう」は米国もいいと言うのでは……。ただし、米国債は売ってはダメだよ!これからも言うことは聴いてね。日米合同委員会は継続だよ。になるのでは

B7536 ●平和と共生施策(戦争法廃止、脱原発、TPP不要、沖縄解決、増税撤回)は自公政権や民主党右派の公約不可では。特には、新自由主義的・コーポラティズム的政策、税制や派遣労働制、原発推進、戦争法などは厳格化され改善不可では

B7537 ●副島隆彦氏と田中宇氏の意見の相違は!多極化 VS 二極化/副島隆彦は、「アメリカの覇権が終わったあと、世界は多極化(マルチ・ポーラー)する」理論は、採っていません https://twishort.com/clPjc

------------

●Baran Arude:17万人を数えるメルマガ「田中宇の国際ニュース解説」を配信している国際情勢解説者。 <a href="http://tanakanews.com/160123japan.htm">田中宇さかいの国際ニュース解説>見えてきた日本の新たな姿</a>

安倍政権は昨年後半から、対米従属から微妙に外れる新戦略を、目立たない形ながら、次々ととっている。(1)日豪での潜水艦技術の共有化(2)従軍慰安婦問題の解決で再開された日韓防衛協定や北朝鮮核6カ国協議(3)安部首相による日露関係改善の試み(4)中国の脅威を口実とした東シナ海から南シナ海に向けた自衛隊の諜報活動(日本の軍事影響圏)の拡大、などである。

平和と共生を希求する皆様、田中宇(さかい)氏のニュースは是非、愛読されたほうがいいと思ってます。

私の場合は、会社での後輩が、「これを見ながら事業計画を考えるのは当たり前ですよ」などと言われ、初めて認識した次第でした。

私の場合、エクセルのマクロ(ビジュアルベーシック、VA)をマスターしたのも人事部の次長のサクサクとした姿からでした。

最近は、<a href="http://www.morningstar.com.tw/bookcomment-2.aspx?BOKNO=0104402">「金融世界大戦」の中国語訳が台湾で出版されました(晨星出版社。訳:蕭辰倢)</a> で中国も視野に入っているよう。

<a href="http://amzn.to/1OFl610">アマゾン カスタマーレビュー 「金融世界大戦 第三次大戦はすでに始まっている」</a> も参考にされたほうがいいと思います。

これは宣伝ではないつもりです。

私のネットでの友達には、小沢内閣待望論様がおられ、<a href="http://www.asyura2.com/15/cult15/index.html">阿修羅 </a> で(カルト下部屋に押し込められていますが…)で人気者です。視野が大きいのですね。しかも待望論ですからね。だから精神安定剤的ではあるんです。後は自己努力をどこでどうするかになる訳です。

ライブドア時代に特設掲示板で出会いました。そこはライブドアの政策だったのでしょう。アラシが多く出没する場でしたが、二手に分かれて盛り上がってました。そこではシロアリ派(私とかどら<でんた>さんが一応属していました)と山さん派で丁々発止してました。この山さんが小沢内閣待望論さんです。私は仲直りが必要と考え、山さんの投稿を纏めたいと打診し、
<a href="http://blog.livedoor.jp/touyamazakura/">『山さん妄想語録集』</a> を纏めさせて戴きました。

その他、シロアリさんが板を創って下さったので、
<a href="http://blog.livedoor.jp/sakura_yayoi1/">『少子化問題対策室』</a> で30課題纏めさせて貰いました。今でもこの問題は残っていると思います。

阪神淡路大震災の直後<a href="http://seesaawiki.jp/w/saigaitaisaku_60y/d/FrontPage">『「掲示板災害対策投稿まとめ」のまとめwiki』</a>の纏めもでき、

このウィキの関係で、植草先生、八木啓子先生、三宅雪子さんのウィキの訂正の橋渡しに一肌脱ぐことができました。

そして、ライブドアさんが掲示板を終了されたので(写真サイトも!)、<a href="http://jbbs.shitaraba.net/auto/3343/#1">したらば掲示板 面白い話</a> に引っ越して色々やって来、
<a href="http://blog.livedoor.jp/arudebaran60y/?blog_id=2130858">ブログ>アルデバランの夢の星</a>やミクシー、ツイッター、
<a href="http://photozou.jp/photo/top/3000081">フォト蔵>アルデ</a>、Facebookに辿りついているのですが、

他のメンバーはお勧めしてもせいぜいブログ、ミクシーどまり。ツイッターはされているみたいだが表にでたくないとのことだったりなんですね。

その分、熱烈な橋下ファンなんですね。その分、国際情勢の情報をご紹介してもあまりご興味がないんですね。私の人徳に欠陥があるとも言えるんですね。一時はいいところまで来られたと思ったが、嫌韓、嫌中、好戦派はなかなか変えられないものだと通関します。

リプレイス活動などと偉そうに提唱してますが、トラウマの反動、意地かも知れません。ただ、『人間は変わりにくいが、あっという間に変わる』『人間はなかなか死なないが、あっという間に死ぬ』というのは経験上、気がついたことであり、あり勝ちに思えます。

そしてその程度の信念でお互いにやっていってもいいのではと思っております。

これも私の職場の友人から学んだことですが、たとえ助言するにしても、最後の一言は『これは自分の情報からのものであり、最後に決めるのはアルデちゃんだからね』というのが口癖せした。随分、このアドバイスがヒントになりアクションが有効、妥当なものになり助けられ、実績に繋ぐことができました。

ということで、この田中宇氏の情報が皆様のヒントになれば幸いです。



------------
■田沼 貴彦様:アルデさん、この田中さんのみかた小沢さんと同じだと。
つまり、安倍総理はアメリカの要求や中国の脅威を利用し覇権国家になり、アメリカからの独立をしようとしている。それが安倍総理の本当の腹。
------------
●Baran Arude そうですか。そこまでしなければ日本はダメなのですかね。色々教えてください。
------------
●Baran Arude:ところで、投稿の筆頭に次のようにあります。これを何故、メルガマをされているかたがされないのか不思議というか、もったいない。時期が来たら公開できる契約(適宜、閲覧制限解除または無料版掲載)になっていないのか不思議。
そうしても有料版の価値は落ちないとむしろ全体的な好感度と説得力があがると思う。
これ、植草先生や孫崎氏に伝えられる方がおられたらそうして欲しい。
孫崎さんはツイログ採用しておられるが、どなたかのアドバイスで受け入れられたはず(私も何度かツイッターで提案した)。

『日本はこれまで、対米従属以外の戦略を全く持たない国だった。私が知る限り、日本政府が対米従属以外(対米自立)の戦略をわずかでも持った(検討した)のは、1970年代に米国が覇権構造の多極化をめざした時に米国の勧めで日本政府が作った防衛の対米自立策「中曽根ドクトリン」と、2009ー10年の鳩山政権が米中と等距離外交をめざし、結局は官僚機構につぶされた時の2つだけだ。その後、現在の安倍政権にいたる自民党政権は、官僚機構(外務省と財務省)の傀儡で、対米従属一本槍に戻った。

 だが昨年の後半から、安倍政権は、従来の対米従属の国是から微妙に外れる新しい戦略を、目立たない形ながら、次々ととり始めている。それらは(1)日豪での潜水艦技術の共有化、(2)従軍慰安婦問題の解決によって交渉が再開された日韓防衛協定や北朝鮮核6カ国協議、(3)安部首相が新年の会見や先日のFT(日経)のインタビューで明らかにした日露関係改善の試み、(4)中国の脅威を口実とした東シナ海から南シナ海に向けた自衛隊の諜報活動(日本の軍事影響圏)の拡大、などである。 (Japan's Abe calls for Putin to be brought in from the cold) (日韓和解なぜ今?)

 (1)については、昨年11月に配信した記事<a href="http://tanakanews.com/151129submarine.php">「日豪は太平洋の第3極になるか」</a>で詳しく書いた。
この記事は、有料記事(田中宇プラス)として配信したが、日本国民の全体にとって非常に重要な事項なので、例外的にこのたび無料記事としてウェブで公開した。まだ読んでいない方は、まずこの記事を読んでいただきたい。 (日豪は太平洋の第3極になるか) 』
------------
■田沼貴彦様:アルデさん、この情報は超重要ですね。。この見方は、小沢さん、半年以上まえから何度も言ってますが単純に安倍総理がアメリカのポチであり、田布施がどうのとかばかりの陰謀論者には受け入れられない話なんです。

また、あえて言わせてもらえば、憲法9条を守り、安部政権を倒す事が平和につながると思ってる人も受け入れられない話。

つまり、安倍総理は国士という事になってしまうので矛盾してしまうのです。

小沢さんは、田中さんより一歩踏み込んだ話を岩上さんにしています。しかもさらっと
小沢「でもね、岩上さん、安倍総理のこの本当のたくらみ、腹が最近アメリカ側にバレちゃったんだよ」岩上さんは目をまん丸にしてましたね。笑

小沢さんも田中さんが上記で言ってるが独立論者。
じゃなぜ小沢さんは何度もこれをひつこくいうのか?
小沢さんをずっと見てきた人なら小沢さんの腹はよーくわかります。

------------
●Baran Arude;
<a href="http://mainichi.jp/articles/20150512/org/00m/040/014000c">SUNDAY LIBRARY 小川 真理生・評『金融世界大戦 第三次大戦はすでに始まっている』田中宇・著</a>

アメリカの覇権維持に熱心な日本でいいのか

◆『金融世界大戦 第三次大戦はすでに始まっている』田中宇・著(朝日新聞出版/税抜き1700円)

 17万人を数えるメルマガ「田中宇の国際ニュース解説」を配信している国際情勢解説者の、分析記事のまとめである。

 タイトルはおどろおどろしいが、冷静に説いている。例えば、ウクライナ危機での露米の思惑とかBRICSの覇権戦略としてのAIIBをめぐる動向の解説は、傾聴に値する。また、米英中枢の世界戦略を考える英チャタムハウスと米CFR(外交問題評議会)に一目置かれた存在のシャクソンの論文を紹介しながら、タックスヘイブン網の巨額資金を金融兵器として使ったイギリスなどの動きの解説など、目からウロコである。

 本書を一言でいえば、リーマン危機以降、ドル崩壊のプロセスの動向をめぐって激化する「金融世界大戦」の実態を記述、これからアメリカの覇権が崩壊すれば、「ユーラシア大陸はドイツ、ロシア、中国が主導する多極型の覇権体制になるだろう」と分析する。

以下略

------------
●Baran Arude:
「日本は、2つの列島線の間を、日豪亜同盟として影響圏にするだろう」は米国もいいと言うのでは……。ただし、米国債は売ってはダメだよ!これからも言うことは聴いてね。日米合同委員会は継続だよ。になるのでは。

「平和と共生」!主なテーマは施策(戦争法廃止、脱原発、TPP不要、沖縄解決、増税撤回)は自公政権や民主党右派の公約には揚げようがないのでは。

特には、新自由主義的・コーポラティズム的政策、税制や派遣労働制、原発推進政策、戦争法などは厳しくなっても改善されないのでは。

これだね。副島隆彦氏と田中宇氏の意見の相違は!
<a href="http://bit.ly/1nIGqsp">YAHOO!検索>田中宇 副島隆彦 多極 二極 Twishort</a>
今、該当フレーズ探しています。

<a href="http://www.snsi.jp/bbs/page/1/view/4458">もう日本は貧乏国だ。 それと 世界の最新の重大な動き。ロシアのシリア空爆が世界戦争に繋(つな)がるだろう。投稿者:副島隆彦 </a>

(転載貼り付け 始め)

副島隆彦です。 今日は、2015年10月8日です。

 世界が、またひとつ戦争に向かって、大きく進んでいる。

 オバマとバイデンは、来年(2016年)中まで(正確には、2017年2月22日まで。次の大統領の就任式)あと 1年4ヶ月の任期があるから、“大きな戦争” large war ラージ・ウォー の開始の署名はしない。

 だが、そのあとは、もう分からない。 おそらく大きな戦争=第三次世界大戦(WW3) が始まるだろう。2017年からは、私たちが生きている極東(東アジア)でも、戦争が起きる。いや、特定の極悪人の、戦争しかけ集団が引き起こす。そのように着々と、事態は進行している。このように、考えないと、真に知性と思考力のある 人間だとは考えられない。

(中略)

 以下に、長々と載せる ウータン田中宇(たなかさかい)氏の文を、さらさらと読めるほどの、学力、知識力のある人には、私は何も言うことがない。だが、多くの人は、きっと以下の宇(ウ)ータンの文章は、難しくて、意味が不明だと思う。だから、私、副島隆彦が、分かり易く「今、世界に何が起きているか」 を、「ああ、日本は、本当に貧乏になった」と合わせて書いた。  以下の文をサラサラ読める人は、それでよろしい。その知能を褒(ほ)めてあげます。

 ただし、アメリカの世界覇権国(ヘジェモニック・ステイト)理論や、その他の世界政治の現在の骨格についての田中さかい氏の理解は、私、副島隆彦が、日本では誰よりも早く先駆者として、この30年掛けて築き上げてきたものであるから、そのことだけは、田中氏は、私、副島隆彦に敬意を払うように、ここで、言っておきます。

 それから、私は、「アメリカの覇権が終わったあと、世界は多極化(たきょくか、マルチ・ポーラー)する」理論論は、隆彦は採っていません。このことも言っておきます。 その他の分析では、田中氏のものとほとんど共有している、と言っていいい。  副島隆彦拝

(中略)

 第二次大戦後、米国が日本を自国の影響圏に入れておいたのは、ソ連や中国との冷戦構造があったからだ。日本は、米国が中露と対立している限り、米国にとって有益な場所にあるが、世界が多極型になり、米国と中露が対等な関係
で協調するようになると、米国が日本を傘下に入れておくとやっかいなことになる。日本は、米国の傘下に居続けるため、中露と米国の恒久対立を望み、中露と軍事対立し続けたい軍産複合体と結託し、多極型の世界運営の邪魔になる。

 だから、米国の単独覇権を過激に強化するふりをして破壊してこっそり多極型覇権に転換する策をやっているオバマ(や共和党の隠れ多極主義勢力)は、日本が延々と対米従属し続けることを望んでいない。オバマの本心は、TPPをまとめず頓挫させたかったのではないかと思われる。

 今回、TPPの交渉が妥結した一因は、乳製品問題で前回の交渉を頓挫させたニュージーランドを、日本が輸入増で譲歩してなだめたからだ。バイオ医薬品の独占期間の5年+3年の解決方法も日本が進めた。TPPは、日本のイニシアチブで妥結した。安倍政権を動かしている日本の官僚機構は、多極化が進んで日本が米国圏から切り離される前に米国にしがみつこうと、これまでにない積極性で対米従属を強化している。日本が主導してTPPを妥結に持ち込んだのはその一つだし、説明抜きで無理矢理に集団的自衛権を強化したのもそうだ。

<a href="http://www.nzherald.co.nz/business/new ">nzherald.co.nz/business/new</a>


(転載貼り付け終わり)
------------
■TK様:当たり前からすれば、米、豪会談のはず、安倍は召使いと考えなければならない、、インドも同じ、日露も同じ、本来は米、露、
------------
●Baran Arude:
そうだね。わざわざ、中間地帯、緩衝地帯を構築するということは、両方と巧くやりたいということだろうけど、双方の国との改善をしていくほうが手っ取り早い気がするね。

ふと思ったのだが、軍艦や潜水艦を作るより信頼関係、友好関係を創るのが先決では、隷属関係は対等に近い独立関係にして行くべきではと思う。特には金銭、経済関係ではね。

人口減の傾向が止まらず、地震大国、原発の危険もある。そのなかで地方の衰退が激しい。たとえば、高度成長期やバブル期に創られたマンションやビル、道路、橋梁、地下埋設物、ダムなど老朽化が進んでおり、耐用年数が後15年~20年には来るのでは。そういった処への配慮をしていかないと、戦費や外資や米国にばかり貢いでいると、惨めなことになるのではと思うよ。
------------
■様:
------------
■様:

========================

1月25日 8:46 <a href="https://www.facebook.com/groups/1468469003454362/permalink/1508997599401502/">AJPaC オールジャパン平和と共生G FB</a>

<a href="https://www.facebook.com/baran.arude/posts/1674703822805920">Baran Arude FB</a>

B7527 ◎■田中宇様:17万人を数えるメルマガ「田中宇の国際ニュース解説」>見えてきた日本の新たな姿/安倍政権は昨年後半から、対米従属から微妙に外れる新戦略を、目立たない形ながら、次々ととっている http://twishort.com/clPjc


via Twishort Web App

Retweet Reply