@SEALDs_Kansai
SEALDs KANSAI

こんにちは。たなかわことです。

私のハタチの誕生日の二日前、フランスで同時多発テロが起きてしまいました。

テロから一週間ほど一日中このテロのニュースが流され
世界中でたくさんの人々がpray for parisを口にし、
亡くなった130名に想いを馳せました。
それは「テロに屈しない」との意思表示でもありました。

そしてメディアの報道によりテロに対する恐怖は一気に地球を飲み込みました。

しかし、私たちが知らされていない報道もあります。
アメリカ、ロシア、ドイツ、フランス、
イギリスなどがシリアに空爆しつづけ、
毎日100人以上の罪なき住民が、
その空爆によって殺されていることを。

どこかの国が放った無数の爆弾が落ちてくる様は、その空の下で暮らす者たちにとって、テロ行為そのものじゃないですか?
パリのテロ被害者にたいして世界中が嘆き悲しむのに、どうしてシリアでの空爆被害者に悲しみの目は向けられないのでしょう。
彼らが奪われる命はどうして無視されているのでしょう。

こんな理不尽な殺害は人に憎しみや恨みの心を芽生えさせ、行き場のない憎悪がテロリストを生み出す。テロリストが存在する根底の原因を知らなければこの憎しみの連鎖は食い止められません。

今年1月に湯川さんと後藤さんがISISの人質になり、殺害されました。
ISISは自分たちの残虐さを知らしめ、日本に住む私たちも他人事ではないと感じた行為でした。
でも、私が知りたかったのは、ISISの残虐さではなく、なぜ後藤さん達が人質にならなければならなかったのか。殺されなければならなかったのか。
私が知りたかったその答えはTVは教えてくれませんでした。

知りたい情報は待っていても届きません。
自分で探さなければ、真実は見えてきません。
真実を見極める目と耳と心を持ち続けなければ
過ちは繰り返されるのです。

安保法によって自衛隊が海外で武器を持つことが春から認められます。
私たちの国の代表はシリアへの空爆を「後方支援」として手助けすることでしょう。
こんな支援は、本当に必要なのでしょうか?
私たちは十分な情報を届けられているのでしょうか?
物に陽が当たる時にできる陰のように、情報にも光と陰があるはずです。
「テロに屈しない」と空爆を続ける陰に、毎日100人以上の罪のない人たちが殺されているのですから。
一面的な情報に晒され、危機を煽られ、周りの空気に同調してしまう。
それが、すべての戦争の始まりです。
「正義」の名の下に始まる人殺しです。

今日も理不尽な「戦争」で命を落としていく人が何百人もいるというのに、
私は手を差し伸べることができない。
恨みと憎しみをいっぱいいっぱい銃弾に詰めて、復讐のために自分の命をかけている人に、
敵が誰なのかを見間違えないようにと、私は祈ることしかできない。

誰かが割を食う世界、誰かの命を諦める心、誰かの叫びが私たちの妥協によって死に変わること、誰かの人生をしょうがないで片づけるひと。もう十分私たちは見てきました。こんな悲しい世界に、私は終わりを打ちたい。
被害者にも加害者にもなりたくない。
だから、私ができることは声を上げることしかない。

誰かの命を奪う事を許すためにできた安保法は、新たなテロリストを生み出すでしょう。
この法律は私たちの命を守りません。
むしろ、私たちの命を危険にさらします。
「テロに屈しない」のスローガンは、「誰も殺さない!」という誓いに変えなくてはいけません。
今の私たちになら、まだ間に合います。
過去の戦争の責任は私たちにはない。
しかし、戦争をさせない責任は私たちにはあります。
誰も殺さない。
安保法は廃止にしましょう。

最後にちょっとだけ英語で話します。

The earth is beautiful as gazing from universe.
(宇宙から眺める地球は美しい)
The closer to see
the more pain and wounded lives you see.
(段々近づいてごらん、
段々痛みと傷ついた命が見えるでしょ)
This is our earth.
(これが私たちの地球だよ)

But I have a dream that one day
the world will be one and
everybody can live as they are
without any oprression or threat.
(でも、私には夢がある、いつか
世界がひとつになって
みんなが制圧や脅迫されることなく
自由に生きられることを)
Every creature has their families and friends
and they all are so important.
(どんな生き物でも家族や友人がいて
そして、みんな尊い)
How can you take a precious existence
away from anybody?
(無二の存在を奪い去ることが
どうして許させるの?)
War is not the answer.
Killing is not the resolution.
Force is not the way to peace.
(戦争は答えにならない
殺りくは解決にならない
圧迫は平和への道にならない)

How can you say
"kill them before you get killed".
(「殺せ、殺される前に」と
どうして言えるの?)
I would say instead
"dont kill them not to get killed."
(私が代わりに言うよ、
「殺すな、殺されないために」と)
You all are so precious.
You all are so special.
Nobody can replace you.
There is no exception.
(あなたたちみんな、とても尊いのです
あなたたちみんな、とても特別なのです
誰もあなたの代わりになれない
それに例外はない)

Keep chasin the dream.
(夢を追い続けて)
Let me tell you once again,
war is not the answer
killing is not the resolution
and force is not the way to peace.
(もう一度だけ言わせて、
戦争は答えにはなれない
殺りくは解決にはなれない
そして圧迫は平和への道にはなれない)

I am against security laws land
i demand the repeal of them.
(私は安保法制に反対します、そして
安保法制の廃止を求めます)

Thank you for listening.
(聞いてくれてありがとう)

2015年12月20日
私は安保法に反対し、安保法の廃止を求めます。
田中和琴


via Twishort Web App

Retweet Reply
Made by @trknov