@jjnacchann
nachann

パク・ユチョンの韓国国民としての人権擁護にご支援ください!

パク・ユチョンは韓国の歌手、俳優、JYJメンバーであり、C-Jesエンタテイメントに所属しています。
2016年6月10日、匿名の女性が韓国の警察にパク・ユチョンに性的暴行を受けたとの訴えを提出しました。4日後、女性は理由もなくその訴えを撤回しました。捜査の過程で、ソウルの警察はまだパク・ユチョンを召喚していません。.
ここに逆説が生じています。韓国のジャーナリストと電子メディアは、韓国の有名人についてのオンラインフォーラムにうわさを流すことでC-Jesエンタイテイメントよりも先にこの情報を知っていました。
C-JeSエンタテイメントはこの件について5回の公式発表をしていますが、警察からいまだ召喚命令は受け取っていません。しかし同事務所は、すべての情報の明確な捜査のためにパク・ユチョンが警察に協力するということを確認しました。
韓国憲法の第2章の国民の権利と義務は、「すべての国民は個人の自由を享受すべきである。法律で明記された理由以外で、何人も逮捕、拘留、検査、差し押さえ、尋問をされてはいけない。法律に明記されている理由や手続き以外で何人も罰せられたり予防的な制限下に置かれたり、不本意な労働を強いられてはならない」と確認しています。
また韓国の刑法の第70条(罰則)は以下を確認しています:
(1) 意図的に他者の評判をおとしめるために情報や通信ネットワークを通じて事実を流すことによって他者の名誉を傷つけた者は、刑務所労働も伴う場合もある3年以下の懲役または2千万ウォン以下の罰金に処せられるものをする。
(2) 意図的に他者の評判をおとしめるために情報や通信ネットワークを通じて虚偽の情報を流すことによって他者の名誉を傷つけた者は、刑務所労働も伴う7年以下の懲役または5千万ウォン以下の罰金に処せられるものをする。
(3) 検察は明示された被害者の意思に反して第1段落または第2段落の下で犯罪を訴追してはならない。
[本章は2008年6月13日に第9119法により修正された。](引用ここまで)
そのため、もしも韓国のメディアが今後も本捜査に関しての情報を流し続けるならば、ユチョンが有罪であることを示す確実かつ明白なを証拠を提供しなければなりません。もしも今やっているように、これらの全ての証拠を提供できないのであれば、彼らはこの件に関するうわさを流すことをやめなければなりません。もしもやめる意思がないのであれば、彼らは韓国の最高裁で法の前で名誉棄損の罪で裁かれなければなりません。


via Twishort Web App

Retweet Reply
Made by @trknov
Tweesome! AI Tweet Generator