@showerin  
showerinお前しにたいのかごのやろ

(動画訳/抜粋)#平昌オリンピック_パラリンピック #チャン・グンソク #広報大使 記者会見

広報大使として一番やりがいを感じたことは?

「広報大使になって一番責任を感じたのは我が国の顔になったということです。今の立場で自分が一番できることは何かと考えたとき、海外の方がこのオリンピックに関心を持ってくれるようにするのが、最も自分が得意なことだと思いました」
「江原道の副知事様を招待して海外での僕のコンサートでオリンピックの宣伝をしたのですが、副知事様は大変面白くて快活な方なので、固い雰囲気になりがちなイベントでも自然体で一緒にMCをしてくださって、そのお陰でファンの方たちも、グンちゃんが広報なら穏やかで親しみやすいと感じたと、そのような感想を聞いたときに非常に嬉しかったです」
「平昌、東京、北京と続いていくオリンピックの始まりであるし、アジアが今世界から注目されている中で、平和的なメッセージを送ることができて満足しています」

ファンと一緒に観戦するのは日韓戦ですが、日韓どちらを応援しますか?

「この質問は昨日から一番多く受けています。パラリンピックはオリンピックよりも、ある意味、勝負の世界における汗の一粒一粒に価値があるイベントだと思います。しょうがいを持った方がしょうがいの克服と勝負の瞬間に最善を尽くすスポーツの美しさを感じることができるイベントだと思います。それと僕は韓国人なのでもちろん韓国チームを応援しなければなりませんが、相手の日本チームにも価値ある汗に対しては熱い拍手を送ることができる人間です」


05:49 AM - 10 Mar 18 via Twishort Web App

Retweet Reply