@soulsearcher216
吉岡正晴 The Soul Searcher

◎(速報) モーリス・デイ&ザ・タイム~キング・オブ・ミネアポリス・ファンク健在 @TheMorrisDay  @theoriginal7ven

◎(速報) モーリス・デイ&ザ・タイム~キング・オブ・ミネアポリス・ファンク健在 @TheMorrisDay  @theoriginal7ven

(セットリストなどネタバレになります。これからごらんになる方で、事前に予備知識をいれたくない方は十分ご注意ください。迷われている方、行かない方はどうぞ)

【Morris Day & The Time : King Of Minneapolis Funk】

ミネアポリス。

1978年4月プリンスの音楽シーン登場によって一躍注目の音楽都市となったミネソタ州ミネアポリス。プリンスの盟友であり、同地でのライヴァル・バンドでもあったモーリス・デイ率いるザ・タイムは、結局プリンスが売れたことで彼のプロデュースの元、全米デビュー、大ブレイクを果たした。

ザ・タイムは1991年2月以来、28年ぶりの来日。モーリス・デイは1988年11月、横浜ベイサイド・クラブで初来日しており、この時の印象が強烈だった。(その後MZA有明にも来日)

モーリス・デイは歌と踊りで、お客さんを最大限に楽しませる根っからのエンタテイナー。鏡をミラーマンに持たせて、ステージ上で何度も髪の毛の乱れを直す。ほぼノンストップのメドレー形式で次々とタイムとモーリス・デイ・ソロのヒットが演奏され、歌われる。

1981年頃、最強に最高に最新にかっこよかったザ・タイムが38年経っても、そこそこかっこよかったのが、最高によかった。1988年のキレキレからすれば、還暦を超えたモリスなので、動きがゆったりとしていたとしても責められない。

典型的な昔ながらの(オールド・スクール)ソウル・ファンク・バンドが21世紀になっても、完璧にサヴァイヴァルしているところが嬉しい。最近こういうバンドが少ないだけに、迷われている方は見に行くことをお勧めする。

それにしても、キーボード(今回も2台)を主体としたミネアポリス・ファンク、シンセ・ファンク、あるいはキーボード主体ファンクは1980年代に入って一挙に花開いた感がするが、その先陣を切っていたのが、プリンスとモーリス・デイ&ザ・タイムだった。1970年代のブラス・セクションをふんだんに入れた大型ファンク・バンドからシンプルにしたファンク・バンドというスタイルも新しい時代の流れに乗っていた。

セットリストは毎日変わると言ってるそうだが、けっこう完成形っぽいのでどうなのだろうか。ステージ上には、セットリストっぽい紙がなかった。全部同じなのか、みんな覚えているのか、それともジェームス・ブラウン方式で誰かがキューを出して次の曲を決めているのか。ただ、下記の映像を見るとほぼ同じ流れなので、これで完成形になっているのかもしれない。

~~~

2018年5月のテキサスで行われたライヴ。昼間だが、今回のショーと基本同じ感じ。メンバーも同じようだ。
Morris Day and The Time (05.19.2018)
https://www.youtube.com/watch?v=9W4BUUZ76Hk

■セットリスト モーリス・デイ&ザ・タイム
Morris Day & The Time Setlist
2019/06/21

Show started 21:35
00. Video
01. Intro [1999]
02. Get It Up
03. Cool
04. Pandemonium
05. Chocolate
06. Wild & Loose
07. The Stick
08. Fishnet
09. The Oak Tree
10. Jerk Out
11. 777-9311
12. (Video) Purple Rain
13. (Interlude) Sometimes I Get Lonely - Gigolos Get Lonely Too ~introducing members
14. The Walk
15. DMSR - The Bird
16. Tricky
Enc. Jungle Love
Show ended 22:40

Members
モーリス・デイ / Morris Day (Vocals)
トーマス・オースティン / Thomas Austin (Mirror guy)
ジェリービーン・ジョンソン/ Jellybean Johnson (Drums)
モンティ・モワ(モー) / Monte Moir (Keyboards)
リッキー・スミス / Ricky "Freeze" Smith (Bass)
テレル・ラフィン / Terrell Tori Ruffin (Guitar)
アンドレ・ホームス / Andre Holmes (Keyboards)

~~~

残りのショー
ビルボードライブ東京

6/22(Sat)1st Stage Open 15:30 Start 16:30 / 2nd Stage Open 18:30 Start 19:30
6/23(Sun)1st Stage Open 15:30 Start 16:30 / 2nd Stage Open 18:30 Start 19:30
Price
Service Area : ¥12,800 (5) / Casual Area : ¥11,800 (4)
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11432&shop=1

~~~
ビルボードライブ大阪
6/25(Tue)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30
Price
Service Area : ¥13,000 (5) / Casual Area : ¥12,000 (4)
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11433&shop=2

~~~~

CDs

① Time
Time
Warner Bros / Wea (1987-07-16)
https://amzn.to/2FmO336

② ホワット・タイム・イズ・イット?
ザ・タイム
ワーナーミュージック・ジャパン (2015-07-22)
https://amzn.to/31Q35rq

③ Ice Cream Castle
Time
Warner Bros / Wea (1987-08-10)
https://amzn.to/2N4Gaph

④ Pandemonium (Jewl)
Time
Rhino Encore (2008-07-29)
https://amzn.to/2WZWpbs

Morris Day

①  Color Of Success (1985)
カラー・オブ・サクセス
モーリス・デイ
ワーナーミュージック・ジャパン (2015-07-22)
https://amzn.to/2X1yeF2

② デイドリーミング (1987)
モーリス・デイ
ワーナーミュージック・ジャパン (2015-08-19)
https://amzn.to/2WYL4ng

③  Guaranteed (1992)
Guaranteed
Morris Day
Warner Bros / Wea (1992-11-10)
https://amzn.to/2J3rG3u

④ It's About Time (2004)
Morris Day
Hollywood Records (2004-07-01)
https://amzn.to/2x8VE0I

~~~

Morris Day and The Time - Jungle Love (Purple Rain) (1080p)
https://www.youtube.com/watch?v=0wlVToO92bk

ENT>MUSIC>LIVE>Morris Day & The Time


via Twishort Web App

Retweet Reply
Made by @trknov