@6002ism
6002ism

<3Days 5話:訳まとめ>

[特検の中間捜査結果発表の内容]
1998年、韓国軍に新型ヘリコプタを売買しようとしたファルコン社は、国防予算の削減などにより状況が思わしくないと判断、南北関係に緊張をもたらし武器輸入の必要性を訴えるためイ・ドンフィに依頼しました。彼は人脈を利用し軍や国情院(NIS)職員などと共謀し、北韓の人民武力部所属イ·チョルギュ少領(少佐)と中国の沿邊で接触、米ドル1億を渡した後、ヤンジン里に北韓偵察隊(=共産ゲリラ)の南派を頼みました。 下で続く↓


※南北関係=韓国(南韓)と北朝鮮(北韓)の関係 
※北朝鮮の人民武力部
韓国の国防部に当たる(日本だと防衛省かな?)。偵察隊(=共産ゲリラ)や工作員、スパイなどを南派したり、海外でのテロや拉致などもここの所属機関でやります
※国情院(NIS)
国家情報院の略で、韓国の中央情報機関。アメリカのCIAに当たる組織。
国内外すべてのことにおいてどこより迅速かつ莫大な情報を収集&管理してます。北朝鮮に関する情報収集などもここが総括してます。北からのスパイ逮捕とかもここで担当~


テギョンとボウォンが病院に到着。テレビで流れる特検発表が耳に入ってしまったテギョン・・

☆特検発表の続き②→
この事件には陸本所属ヤン·デホ大領や亡くなったハン·ギジュン首席などが加担したことが確認されました。ファルコン社は当時、3兆ウォン相当の新型ヘリ販売に成功し、その見返りとしてイ·ドンフィは50億ウォン相当のドルやファンドを手に入れ、これを資金にモビ資産会社を設立、莫大な利益を得ました。 下で続く↓

警護室長も病院に到着・・
(同時に16年前のことを回想する→村に入った途端、急に停電になり敵の顔も知らず機関銃を乱射し合い、翌朝生き残りはほとんどいない大惨事)

☆特検発表の続き③→
自分たちの私利私欲のために故意で数十名の国民と軍人を犠牲にし、その代償として誰かは富を築き、誰かは大統領にもなりました。この関連者に対し、刑法87条および88条により国家内乱罪および内乱目的の殺人罪で起訴します。

この発表内容を聞き、魂が抜かれたようなテギョン。病院に到着する警護官たちをみて慌てたボウォンに「警護官さま!しっかりして~」と言われながら、どこかに連れて行かて隠れる。



〔16年前、1998年2月〕
ドンフィ(大統領):政治、信念、価値観なんてものはすべて投げ出して話してみましょう。単純な経済ルールです。ファルコンは武器を売り、韓国は武器を買う
青瓦台の政務首席:イ·ドンフィ氏はファルコン社の経済コンサルタントだと聞きましたが…(なぜこんなことを)?我々はしばらく武器の輸入予定がありません
ド:知ってます。軍の予算が大幅に削減されたと聞きました。いまこの国の経済が苦しいことを知らない人は誰ひとりいません。一千万ドルでいかがでしょう?
陸軍本部の准将:今我々を買収しようとでも!?
ド:そちらではありません。北韓に渡します。国情院の対北政策局長さん?
  北韓軍部の強硬派とは面識があると聞きました。どうです?一千万ドルだと、人民武力部くらいは動かせますよね?
国情院の対北政策局長:今戦争でも起こしたいと言うんですか?
ド:いいえ、人民武力部に偵察隊を頼み、ひと騒ぎ起こして帰らせるだけです。そしたらファルコンの武器なんか要らないという人たちも目が覚めるでしょう

准将:民間人の安全は?
ド:保障します。潜水艦が1隻来て、すぐ帰ります
政務首席:アメリカは?アメリカがこの騒ぎに気づかないはずが…
ド:アメリカはファルコンに任せれば、心配不要です。

※補足 [国情院やアメリカ介入について]
このシーンは北朝鮮に対し、どこよりも厳しく反共(産主義)的な立場でいなければならない国情院(NIS)の職員(しかも対北政策局長)が、北朝鮮と一時的でも組もうとしてるという、とーーーーーても深刻な場面です。そして、国情院職員の中には仕事の性格上――南と北が公式的に協議をする時など国情院職員はその場に立ち会うことが多い――合法的(または不法的)に北朝鮮との関わりを持つ人がいるので、↑の人民武力部の誰かと面識がある~云々はあり得ないことではないです。そして、別荘の時からアメリカについで何度も話が出てますが、その理由は・・北朝鮮に対し韓国とアメリカは「韓美軍事防御条約」を締結していて、北朝鮮の様子次第で直ちに共同軍事作戦を行うからです。(韓国はアメリカを【美国】と表記しますw)


ド:軍は削られた予算が増えてよし、政府はIMFで意気消沈した国民を団結させられてよし。
  南と北が仲良くなることを嫌がる周辺の強大国は(潜水艦騒ぎによって)安心できて、みんなハッピーでしょう
政務首席:そして、韓国は国民の血税でファルコンが破棄すべき武器を購入しなければなりませんね
ドンフィ:もうひとつ。ファルコンの後ろにはIMFもあり、アメリカ議会もあります。大規模な外資の誘致も約束しましょう。今韓国にもっとも必要なのはドルですよね?簡単に考えましょう
首席:イ·ドンフィ氏、あなたも、大韓民国の国民ですか?
ドンフィ:(微妙に固まる)それが、重要ですか?
首席:聞いたとおりですね。血も涙もない・・・ファルコンの犬という噂
ドンフィ:はい、私はファルコンの犬です (・・といいながら、何かに耐えるかのようにブルブル震えるw)

・・ちなみに1998年はIMF体制で韓国の経済がどん底にいた頃です。外貨準備高が底をつき、そのため国民が金を集めて売る運動もしていました。参考までに~



〔3月6日01時15分、狙撃5時間15分後〕

「父さんがそんなはずか~~」といまだに呆然としているテギョン。

【過去】
ドンフィ:北韓に金を渡せる適任者はいますか?
国情院の局長:経済学科教授のうち、15年間国情院の秘密エージェントとして働いてる人がいる。来週、沿邊出張が予定されてます。
ドンフィ:北韓と接触するには最適の場所ですね
・・沿邊は中国の東北3省のうち、吉林省にある北朝鮮に近い都市です~

テギョンは過去、「沿邊大学に3日間、出張に行ってくる」と言った父を思い出し、首をふる。いまだに「何かが間違ってる。オレの父さんがそんなはずか…」とブツブツww ボウォンは「あのとき、何があったかを大統領は知ってるはずです。だから早く探しましょう。ここに警護室の人たちが来てます。私に話したじゃないですか、警護室が先に見つけたら大統領が危ないと。先に探さなきゃ!」とテギョンを促す。

医者のガウンを着て大統領を病室から運びだしたテギョン~それを見つけて閉まるエレベーターに突進するボンス氏怖っㅠㅠ 【1階の3号エレベーターの前に集合!指名手配中のハン·テギョンが大統領を拉致した!】と無線と飛ばす室長~警護チームに追われ車に引かれた簡易ベッドはカモフラージュで、大統領はボウォンが救急車に運び・・テギョンと一緒にその場を去る。警護チームは自分たちの車で、警護室長は人の車を乗っ取ってその後を追う。


一方、青水台では・・
秘書室長:それが本当ですか!
警護本部長:狙撃犯が警護室内部の人だと?
チャヨン:はい、本当です

(救急車をを追っている警護チームに電話が入る)
本部長:はい、いいえで答えろ。となりにハム·ボンス室長はいるのか!
警護官:(慌てる)いいえ
本部長:直ちにハム室長を逮捕しろ。犯人はハン·テギョンじゃなく、警護室長だった!!! ←ここかなりキッパリwww カタルシスが( ̄▽ ̄;)


テギョンと室長は追撃戦なう~

【テギョンの回想】
ハム·ボンス室長。名ばかりが警護室長ではない。警護室の伝説のような人だ。←先輩の声です

【現在】
激しく揺れる車の中でも目をバッチリ開けて撃つ顔がまたまた怖っㅠㅠㅠ タイヤを撃って救急車を止め、肉弾戦に突入したテギョンと室長・・
テ:もうやめてください!
室長:オマエも聞いたんだろ、大統領がどんなことをしたのか。大統領は生きてはいけない人だ
テ:オレは大統領を守る方法だけ学びました。それを教えてくれたのは室長だった!

【過去】(訓練中)
警護室長:銃声がどこから聴こえたかを感知しろ。VIPをその反対方向に避難させ、お前らは死を覚悟して生きた盾になる!

誰より早く盾になれた(=自分がVIPの代わりに撃たれた)ことを喜ぶテギョン。←ガッツポーズの顔が赤ちゃんみたいに可愛い♡><

室長:ハン·テギョン警護官、死んだことがそんなに嬉いか?
テ:はい、死ぬほど嬉しいです!
室長:そう、それが警護官の基本だ。VIPは助けて、本人は死ぬ!

【現在】
テ:VIPは助けて、自分は死ぬ!それが基本だと教えてくれたじゃないですか!!オレを殺す前には、絶対大統領は殺せません! (のあと、涙がぽろりTT)
室長:そしたら…オマエを殺して、大統領を殺す

(室長がすぐ銃を出すと、叩き落すテギョン。それを拾いにいく室長の後を追うと)
室長:退け
テ:大統領がどんな人なのかは重要じゃないと話したじゃないですか!!

【過去】
室長:大統領がどんな人なのかは重要じゃない。国民が選択した大統領だ。それだけ覚えとけ

【現在】
テ:そんな大統領を守ることが我々の任務だ。そう話した。だから、だから!!もうやめてください!
室長:もうあの人は、私の大統領じゃない


一方、只ならぬ様子を察した大統領は外に出ようとするけど、ボウォンがそれを止める。「私の警護官たちです。退いてください!」と言って、乱暴に女を押しのけてㅠㅠ外に出る大統領。室長が大統領に銃を向けると、そこら辺に落ちていたおそらく(ボウォンの?)銃を拾ったテギョンは室長に銃を向ける。

【過去】
室長:オマエらが躊躇する0.01秒の隙に弾丸が飛んでくる
【現在】
(室長が大統領を撃つ前に自分が撃たなきゃいけないと知ってはいるけど、さすがに躊躇するテギョン)
「絶対に迷うな!」と、腕を叩いてくれた過去の室長を思い出しながら、室長を撃ったテギョン。。


テ:お聞きしたいことがあります。特検発表内容…事実ですか?違いますよね?父と大統領がそんなこと…してないですよね?…答えてください
大統領:事実です。捜査結果は…事実です

この後、警護チームが到着しヘリで帰る大統領に、「もう一度答えてください!本当じゃないですよね?事実じゃないと答えてください!!」と、ハァハァ(笑)叫びまくるテギョン><



〔3月7日02時35分、狙撃30時間35分後〕

大統領がいる病院に着いた秘書室長は「マスコミは統制してますよね?警護室長が大統領を殺そうとし、同じ警護官の銃に撃たれて死ぬなんて…立派な警護室だ~」と、警護本部長を攻めるw 病室に入ると・・大統領は室長を見て「私は患者ですよ、お手柔らかにお願いします」とw 二人きりに話がしたいという秘書室長に「いけない」と拒否する警護本部長。

大統領:本部長、警護室長が空席なのでしばらく警護室はあなたが責任者ですね。少しだけでいいのでお願いします
本部長:しかし…
大統領:彼はこの国で私の死を望まない少ない人のうち1人です。私が死ぬと秘書室長は一人ぼっちです。私を殺すわけありません

↑なぜかこのセリフで、この先の秘書室長の活躍が想像できてしまったっすw
 どうでもいい話かもですが、この「一人ぼっち」の実際のセリフは「落東江に落ちたアヒルの卵」という慣用句でした。
 広~~い江に1コだけポツンとおかれているアヒルの卵(=どうにもならない、淋しい)になるという意味です☆

秘:清州駅に特検に会いに行かれたことをなぜ内緒にしました?私が、秘書室がそんなに信頼できませんか。
  今の状況を知ってますか?誰かは大統領を狙撃しようとし、特検は大統領を殺人鬼と発表しました。
  現在、狙撃事件は警察に依頼しハン·テギョン、イ·チャヨン、そして女警官を捜査してます。
  同時に国情院(NIS)と専門家で構成された真相究明委員会を組んで背後を徹底的に捜査させます


捜査室にいる3人が受けた質問・・
テギョン→死亡した警護室長を撃ったのはキミ?ハム室長が狙撃に加担したのは間違いない?
ボウォン→電信柱の上で見たのがEMPだと確信できる?以前EMPを見たことは?トラックを追いかけてそれを見つけたと?EMPを設置してるところは見た?
チャヨン→内部に狙撃犯がいた?テニスコートを誰かが開けたというが、当時そこを警備したチームは閉まっていたと証言した
テギョン→ハム室長ひとりの計画なのか?ヤン大領の事件はなんだ?目撃したことは事実?
ボウォン→そのトラックが狙撃以外にも交通事故や火災事故に関係あるというけど、証拠は?

・・と、この捜査官たちは(←おそらく専門家たちで構成された臨時の真相究明委員会)真相を聞くより自分たちの都合とおり誘導審問して事件をもみ消そうとしてるっぽいです。ボウォンは「今日はもう終わり」と言われ、急に何かに思いつき「…ところで、なぜその不審なトラックのナンバーは聞かないんですか?」と突っ込む。何かかおかしいと薄々気づき始めたみたいです~


↑の大統領と秘書室長の会話の続き・・
秘:すべてを総動員して、青瓦台からでも捜査を行い、すぐ反駁(反論?)資料を準備します
大:ところで、なぜ発表内容が事実かどうかについては聞きませんか?
秘:それが事実かどうかは私には重要じゃありません。私にとって重要なのはこの政権を維持させることです。
  ところで…ひとつ気になることが。青水台で大規模の停電に銃撃戦まであったのに、国情院、軍、検察に警察まですべての情報機関から報告も電話1本もありません。
  アメリカも衛星写真で何かが起きたことを知ってるはずなのにどこも動いてません。可能性はふたつ。遅い時間だったから報告が遅れた…
  もしくは誰かが故意に情報を統制している
大:そしたら、直接聞いてみましょう。国情院長、合参議長(軍)、そして与党代表をすべて呼び出してください
秘:いま…ですか?
大:ああ、一人が抜けてました

・・国情院長(国家情報院の最高責任者)、合参議長(国防部所属)、与党代表は高位公職者の中でもトップに立つ人々ってくらいに思ってくれれば~


一方、テギョンは室長を撃った自分の手を見ながらずっと放心状態。「ヤン大領の事件は捜査を最初からやり直すことにした。一応まだキミも容疑者の一人なので・・」と、言われ解放される。外に出るとチャヨンが待っていて・・「私と一緒に行くところがある」と言われるけど、そのままスルーして行くテギョン。「ハン·テギョン!」と呼ばれ、「警護室?…オレはもう自信…ない」と言うテギョン。ふらふら道を歩くテギョンの後をつけているボウォンに捕まっていきなり飲み屋の中へ~ (もう着替えさせてあげてㅠㅠずっとMリミorz)

テ:何するんですか
ボ:何でも~こんなとこは初めて?・・・いまあの時と同じ顔してるの知ってますか?
  警護官さまを初めて見たとき・・・葬式でもあんな顔してた。つらすぎるのにどうすればいいか分からない顔。
  中に閉じ込めてばかりしないで大声でも出してみて?正気で無理なら、お酒の力を借りてでも。そしたら少しはすっきりするから
 (焼酎を注いであげる)ひとりになりたいでしょう?私は帰るから、少しでも気を晴らして

【過去】
飲み会をする警護官たち。爆弾酒を製造するボンス氏w 「投下!」というかけ声とともに洋酒のコップをビールのジョッキの中に落とすwww 室長の前に座って酒もあまり飲まず、室長をキラキラ尊敬の目で拝んでいる警護官ヒヨコのテギョンたん♡ ←ソンスのソンジュンを思い出すw

酔いつぶれた室長を家に運び、壁にかかった写真を見てテギョンが「これ室長の昔の写真?いつの物?」と聞くと、ユンジェ先輩は「知らんぷりしろよ。室長の一番つらい記憶だから、むやみに聞いたりするな。分かった?」と注意させる。


ジェシン・ホテルで緊急会議・・
大統領:皆さんは集まった?
秘書室長:はい、こんな時間に全員集まるとは…
大統領:そうせざるを得ない理由があるんでしょう。難しい頼みをもうひとつしましょう。ここで待っていてください。長くはかかりません

・・と警護チームを外で待機させて中に入る大統領。16年前と同じ部屋みたい。冒頭の過去シーンとつながります~ちなみに当時と現在の役職が変わっていて、それぞれ青瓦台·政務首席→与党代表、陸軍本部准将→合同参謀議長、国情院·対北政策局長→国情院長になってます。


【過去】
ドンフィ:はい、私はファルコンの犬です。では、あなた達は誰の犬ですか?
政務首席:言葉を選んでください!
ドンフィ:国が苦しくなると国民は大事にとっておいた子供の金指輪まで集めて売っているのに、財力や権力がある者はこれを機会に国を売って自分のポケットを膨らませようと、
    血眼になっている。誰も自分の腕にある黄金の時計を外そうとはしない。なのに責められる術がない。資本主義だから。金には良心がないから。
    みなさんも犬なら犬らしく行動してください。国を救おうとここに集まったわけじゃないですよね?どうせ後々の分け前が目的でしょうに。それが金でも、権力でも。
ドジン:ハハハ、イ·ドンフィ氏の話とおりです。作戦が成功すれば皆さんが満足できる報酬を保障します。では、すべて片付いたかな?

3人が出たあと、外人は「Good Work。ファイルコン社はいつもあなたに感謝してる」とお礼を言うけど、浮かない顔のドンフィ。
・・冒頭のシーンではドンフィだけが卑劣な人かと思いきや、ほかの3人も善人の顔してそもそもは利益の為に集まっていたらしい。


【現在】
大統領:死ぬべき人が生きていて驚きました?話しましたよね、やろうとすること、全てしないでくださいと
会長:我々も好き好んでこんなことしてませんよ。あの時からずっと仲よくやって来たじゃないですか。
   押したり引っ張ったり、この人たちをこの座に座らせたのも大統領、あなたですよ。先に裏切ったのはあなたです。
   水に落ちたいなら一人で落ちればいいのに何故我々まで巻き込もうとした?
大統領:先に裏切ったのはそっちです

【過去】
二人きりになったドンフィ(大統領)&ドジン(JS会長)
ドジン:話してみてください、頼みは二つだと?
ドンフィ:計画とおりミスなく進めてください。潜水艦は来てすぐ帰るだけです。人命の被害が出てはいけません
ドジン:そりゃ当たり前ですよ。ショーはショーで終わらなければ。もうひとつは?
ドンフィ:もうファイルコンの犬として生きていかなくていいように…してください

↑この時のドンフィの顔を見て、会長が何かを企んだような^^;まとめると、ドンフィはファルコン社のコンサルタントで、3人にはぺらぺらと武器売買計画を話して誘ってはいたけど、これを最後にもうファルコンの犬として仕事したくなかった・・みたいな?そして、その犬を縛る紐を握っていたのがドジンだったらしい~


【現在】
会長:私は約束を守りました。今のあなたはファルコンの犬ではなく、大韓民国の大統領ではありませんか?
大:そうです、そのとおり私はこの国の大統領です。その大統領を暗殺しようとしたことは国家内乱罪に当たります。あなた達だとしても死刑は逃れません
会長:何をおっしゃるのか分かりませんね。あ、誰かが危害を与えようとしたことは聞きました。それはハム·ボンス警護室長の単独犯行だったのでは?
大:何があっても、あなた達がどんなことを犯したのか、死より恐ろしい罪滅ぼしをさせてみせる。
  私はもう失うものがありません。そんな人がどこまで恐ろしくなれるか知らしめてあげましょう
会長:やめてください。あの時、あなたが話したじゃないですか?犬なら犬らしくしろと
大:その時、話しましたよね?これ以上、誰かの犬として生きたくないと


大統領が出たあと、残った4人の会話・・
与党代表:さっきの話は間違ってません。まだ大統領です。我々が狙撃したことがバレたら、困るのはこっちです
会長:誰かが死ななければ終わらない戦いです。我々が生き残れる方法はただひとつ。大統領が死んでこそ、我々が生き残れます


警護室長の家に来て、割れた額縁から写真を拾い、じーっと見てると思ったら・・・

 「室長だけじゃなかった……まだもう一人がいた!」と呟くテギョン~



**
過去と現在が行き来してるので、読むのも難しいかもですが書くのも難しかったですㅠㅠ
それから、直訳した漢字言葉が多いと思いますが、それをすべて日本語でよく使う漢字に置き換えるのは色々と無理だったので、ぴんとこない単語は辞典を参考にㅠㅠ

もうひとつ。リアルタイム訳では「パルコン社」と書きましたが、「ファルコン社」に訂正します。
韓国ではFAもPAも同じく「パ」と書くので、本番中はそう書きましたが後でリーフレットを確認したら「FALCON」だったという~

ますます複雑になっていくので、この先の翻訳がさらに心配になりますが…ドラマ自体はとても面白いですね♫


via Twishort Web App

Retweet Reply
Made by @trknov
Tweesome! AI Tweet Generator