Hey! @kaui0907 uses Twishort, the most advanced app for longer tweets. Sign in and try it now »

山斗エピソード箇条書き

●出会ったときは生田はすでに前線にいて、それを後ろから見ていた山下。

●MAIN(松本様・まさき・生田・カズ)で活動していたが、1998年後半くらいから解体(というか自然消滅的な感じ)され生田は山下ら小さいジュニアとの活動が始まる(B.I.G)

●愛ラブBIGというB.I.Gメインの番組が始まり、生田と山下と風間(しかし主立っては生田と山下)がメインとなり番組進行を始める。途中、B.I.Gだけの単独コンサート(番組内)があり、最後に生田が感極まって泣いてしまうが山下はどうしようどうしようと見ていることしかできなかった(応援に来てくれていた滝沢氏が生田を慰めてくれるが、傍から見ていた山下らは「滝沢君に怒られるのかな…」と心配になる)

●この辺りから山下と生田のシンメがより強いものとなり雑誌や歌番組、コンサートなどでよく見られるようになる。

●今まで生田のことを「生田くん」や「生田氏」と呼んでいた山下だが、ある雑誌の企画で川でのロケをした時に生田と共に川で遊んでいたところうっかり山下が川に流されてしまい、それを「うひゃひゃひゃ!」と笑って見ていたことに腹を立て「斗真!!!!!!」と呼び捨てしたことから「斗真」呼びが定着する。

●斗真呼びになってから少しして嵐のデビューもあり、さらに親密になっていく山斗。「やまとまコンビ」というように呼ばれるようになる。

●数々のコンサートや歌番組でシンメになるのでダンスも2人で練習したりもするようになる。ホテルでのダンス練習や後輩に対するいたずらなどは1999~2000年がとても多い。

●生田が「ここはこうしよう」ということに反発しはじめたので山下の反抗期が始まる(家族に対しても)

●後に生田から「俺、山下の母ちゃんに山下の反抗期の時に色々相談されてさぁ」と語られるので山下の家族からも信頼されていた模様。

●2000年前半から山下が単独で前線に出ることが多くなる(たきつばの次ポジや少クラのメインなど)が、特に変わらない交流。

●特に少クラでは生田が出てくると破顔レベルで嬉しそうな顔をする山下(数多く残ってるその顔)

●コンサートで滝翼と並ばされることの多かった山下なので他のジュニアと立ち位置が離れてしまうことがあったが、ジュニアのコンサートの終盤くらいで歌いながらずっと生田のことを探して、見つけたぱぁっと顔をほころばせるという目撃情報も出る。

●長谷純からよく「生田くんは山下くんに甘いよー」と愚痴があったのもこのあたり。自分には怒るくせに山下が同じことしても全然怒らなかったとのこと。生田曰く山下は可愛いから怒れない…おいこら生田。

●有名な2000年秋のジュニアのコンサート。これは小原裕貴のジュニア生活最後のコンサートだったが、生田は小原裕貴の卒業発表の時に日本におらず(タイでドラマロケ)帰ってきてから知り、最終日にアンコールで感極まって泣いてしまう。それを隣で見ていた山下は捌ける際に寄り添って指でその涙を拭ってあげる(ビデオにバッチリ残るそのシーン)

●もう少し後かもしれないけれどジャニーズ大運動会でもうそりゃ酷いくらい山下と生田がいちゃついていたという目撃情報がこの辺り。
生田の飲んでいたお茶を生田がいないときに我が物顔で飲んだ後、何もなかった顔して戻して後から飲もうとした生田が「…あれ?減ってる?」という顔をしていたというのがとても好きだし、応援してる生田を引っ張っていっしょに連れション行って10分くらい戻らなかったというエピソードも好きだ…。戻ってきた生田は若干疲れた顔をしていた(山下はとてもすっきりした顔だったらしい)と聞いたので何をしていたのと、問いただしたい。

●2001年からは生田も単独で歌を歌ったり雑誌の記事になったりすることも増え、滝翼のデビューからは山斗もとい、4TOPS(山下・生田・風間・長谷純)がジュニアを引っ張っていくことになる(でもやはりメインは山下と生田だったと思う)

●山下が生田と同じ堀越高校に入ってからは友達らと共に生田と一緒にいるところがよく目撃されている。

●堀越時代のエピソードとしては、山下が体操服を忘れ生田に借りたんだが『生田』とゼッケンのついた体操服を着てる山下が面白くて教室の窓から生田が眺めていたというエピソードがとても好きだ。
他にも学校帰りに電車乗ってると2人でいるのに音楽聞き始める山下にちょっとーってなった生田というのもとても好き。話さなくてもいい、無言も心地よいという関係。

●(ちなみに山下の素行が目立ち始めたのもこのあたりくらいから……)

●山下的に有名なエピソードとして少クラの収録後、出待ちしているファンの対応をしているときにファンかどうかわからない男性から謎の液体を顔などにかけられたというものがある。この時周りに生田や赤西などがいて山下の介抱をした。山下は大事にはいたらなかったが、しばらくこの時のショックでげっそりやせあまり表情も明るくなかった。しかし周り(4TOPSやおそらく赤西など)が励ましたりして徐々に通常に戻っていく。(この表情が明るくなかった時にジュニアコンのポスター撮影等あったのでその表情がいつまでも残ってる……痛々しい)

●2002年、少クラの新しいオープニング映像を作ろうとなって滝沢氏と共に山下・生田・長谷純で屋久島へ。撮影している山下を生田がオフショようのカメラで撮りながら「ホント綺麗な顔してんなぁ…」と呟いたのを山下が聞いて破顔して照れながらなんだよっ…て顔逸らしていたのは本当に素晴らしかった…生田が山下の顔が好きなのは結構有名です。
山下が風間が番組の進行しているのにも関わらず生田に対して(少クラのトークコーナーでは生田はメインでいなかったので、この時ゲストと言う感じの扱いでいた。名探偵トーマスという番組キャラクターで。)「とーま、とーま」と呼びかけ生田が「なに?」と答えるとそれはそれは嬉しそうな顔で「あ、こっち見た」と言っていたり。
少クラのスタジオ収録の時は本当すごい量の山斗があった。ほんとすげぇ。
風間とペアでゲーム参加したときにレフェリー役の山下がほっぺにチーク塗りたくってた二人(しぼりたてフレッシュジュニアというチーム名だった)に「こんなジュニアいねぇよww」と生田のほっぺをなでなでとか最高に可愛かった。
すっげぇ山下が生田にすすすって寄ってるのが多かった。山下には生田専用磁石でもついてんのか?

●同年で一番はやはり山斗で披露した「欲望のレイン」。かつんをバックにしたがえ2人で歌った欲望のレインは昔歌った「ネコネコロケット」にならぶ山斗代表曲になった(しかし欲レは近畿兄さんだよ!!と主張はしたい)

●山下と生田は家族ぐるみの付き合いがあり、山下の母と生田の母がいつの間にか一緒にご飯食べていた事があったり母同士に加え山下と生田も一緒にご飯に行くということもよくあった。かわいい。

●このへんかなぁ…少クラの企画で旅行に行った時、メインの子達をさしおいていっちゃいちゃする山下と生田。生田的にはテレビで面白いものを撮る為というのがあったが、山下は素でデレデレしていたので生田お墨付きの「綺麗な顔」はどこにやったのと言いたかった…メインの子達もっと立てて!!

●2003年の生田の高校卒業時、正直常に一緒にいる山下はこういう時に生田との歳の差を感じてしまうのか、他の堀越在校生のジュニアと共に生田を抱え上げるという記事が新聞に載ったが、1人何とも言えない顔をしていた…寂しかったのかね…この時のことを「学校行ったら斗真が当たり前にいたのにこれからいないんだって…」と後に言っていた。

●おそらく後にあの時はーと語られたのでこの時かどうか微妙だが、山下と生田は持ち物がおそろいになることが多かった模様。携帯電話しばらくお揃いだったもんねーと後に生田が語っている。携帯以外にもストラップやなんやらあったらしい。別に一緒に買ったわけでもないのにお揃い。
そしてメールなどの文面で「♥」を山下が使ってくると生田が言うと「斗真だけだよ」と山下が言うこともあった。斗真だったら冗談でも♥送れるんだ、ということだった。ほう。

●そして問題の2003年9月。NEWS結成。これよりもちょっと前に事務所に集められてNEWS結成を知った山下が生田に言ったところ(おそらくその時は期間限定と聞かされていたようで)「待ってる、行って来いよ」と送り出してくれたとのこと。

●生田からこの時の心境を聞くことは未だにないが、山下が言うには「自分は斗真とデビューするものだと思っていたから…」と後に語っている。

●NEWSデビューにより4TOPSは解散となり、生田・風間・長谷純のデビューの道はここで断たれたこととになる。(3人は芝居という道を見つけ今に至るので本当に本当によかったなと。ジャニーズにいてくれてありがとう、と)

●正直NEWS結成時はトラウマなのであまり山下の動向は追ってなかったので思い出しただけになるが、NEWSデビュー後も山下と斗真のコンビは根強いものがあり1年に1回ほどのペースで雑誌での対談などが組まれることとなる。しかしNEWSデビューしばらくは生田はほとんど仕事がなかった気がする。舞台が1年に1本あるかないか…しかしその舞台で(略)

●山下は番組や雑誌で「ジャニーズで一番仲のいいのは?」と聞かれると決まって「斗真」(あとしばらくは赤西とも)と言い、嬉しそうに生田とのエピソードを語るのが見られた。

●デビュー後からのエピソードとしては

★山下が母親と妹との旅行に行く際に生田に「お願い、ついてきて」と言って誘い、生田が家族旅行に俺行くの変じゃない?と思いつつも山下に懇願されて一緒に行った。

★生田が家にいる時に山下から「月が綺麗だよ、外見て」とメールが来て窓から外を見るとそこには山下が…「来ちゃった♥」だってさ。月が綺麗だよっておまえ……。

★相当なレベルで一緒にご飯に行って毎回呑みながら熱い話をしたと何回も言ってた。今も一緒にご飯に行ってるからもっとエピソードおくれ。

★少クラの企画でゲストは誰でしょう?というクイズをした時、ゲストが生田、解答者がNEWSメンツだった時があり、ゲストにまつわる写真(顔部分がモザイク)などを見て誰か推理していく中で途中の写真で誰かわかった山下(この時は山下しか正解してなかった)が一気に顔がデレッとしてニヤニヤとしながら嬉しそうにしていたのが印象深い。本当に嬉しそうだった。
その後、一緒に歌う場面があり、山下の顔に生田が顔くっつけたときはもう、山下の顔が本当にやばかった。もっと決めた顔しなさいよ!となりの生田はきめっきめだったぞ!

★2007年カウコン。メドレーで抱いてセニョリータを歌う際、山下の隣に生田が…!イントロの時にモニターカメラに向かってくっついてピースする二人をみて号泣した…。

★お互いのことを「友達以上家族未満」や「人生の半分以上一緒にいる」や「戦友」と語りだす。

★NEWSのコンサートに松本様と共にやってきた生田。ステージに上がってweeeekの山下パートをちょっと歌うってことになったのにまったく歌えなくて後に日記で「山下ゴメン☆」と言った。山下も生田と歌えるのが嬉しくて、後に「NEWSのコンサートで斗真と欲望のレイン歌おうかと思ってた」と言っていたがグループでのコンサートを私物化すんじゃないよ!と思った。見たいけど違う!

★しかし、2009年11月21日、山下のソロコンサートで生田がゲストで登場し2人で欲望のレインを歌った。そう、山斗記念日。欲望のレインを歌ってしばらくステージに生田が残っており、トロッコに乗ったりもしてたが、トロッコ最終地点で山下と合流した際に熱く抱き合っていた。生田は最初わりとふざけ気味にぎゅーーっとしていたんだが山下がガチで生田の肩に顔を埋めるように抱きついたのでよしよしと優しい抱擁に。

★おそらく魔王後しばらくしてからくらいの頃、おしゃれイズムに出た生田。山下からの情報ということで生田に関するものとして「斗真は俺に甘い。怒らない。だって斗真の弱点は俺」と伝えられた。これを読んだ上田さんは「え?なんなの付き合ってるの?これ悪女が言うセリフじゃない?」と言っていた。

★生田が舞台や映画でバンバン出るようになった初期の時に情熱大陸で生田が取り上げられた時、山下にも生田に関するインタビューがされたがその際2人で出た雑誌の撮影の模様が流されたが2人見つめあってる場面でじーっと見つめあっていると山下がふはっと照れて顔を逸らす場面がある。ホントにお前は可愛いな。生田はおそらく山下の顔が好きなのでいつまでも見ていられる部類。そのインタビューでは「斗真は熱い。尊敬できる」と語っている。

★いろいろあったけれど山斗がまあ仲良くしてる(その様子を本人たちから語られる)からいいかーと思っていた矢先、山下のNEWS脱退。理由があまりにもだったため事務所から干されるわ、素行もどんどん悪くなるわで表立って山下とつるむな!と事務所から言われてしまう生田。

★そこから生田から山下のこと語られることはほぼほぼなくなった。山下はちょいちょい生田のこと言ってましたけど。派閥が激化したこともあってさらに壁が出来た模様。
本当全くと言っていいほどここ最近では生田の口から山下の名前出なくなってからは山下も雑誌等にそこまで出ることもなかったが仕事解禁?されて雑誌等で喋るようになってからはちょいちょい生田とご飯行っただの報告があったので山斗好きはそれで枯れた心をいやしていた…なんせ理由が理由だから山下に「可哀想」とか思う気持ちもなかった。生田から山下の名前が出ないことや、山下の名前だけ省かれるのはけっこう堪えたけど、けどまあ交流はあるから良しとしておこう。
スマスマで生田と他数人で行った旅行を「人生で一番楽しかった」と言っていた山下は記憶に新しい。

★そして今年、スマさんの件があって派閥問題が解消?してからは山下のこと解禁されたのか生田が日記で話すようになった。あいつの素行さえどうにかなれば生田との共演も夢じゃないから本当、山下…頼むぜ……

●大体以上のような感じ。いつのことか忘れたけど、多分2001年かそこらへんでヨコヒナのラジオに生田がゲストした時(他にも長谷純とかおったかな?)に山下に電話したことがあったが、その際に山下が生田に「俺と斗真がどれくらい仲いいか言ってやって」と言っていた。経緯は…なんやったかな…。

忘れていることやこまごましたことも他にあるかもしれないが今わたしが思い出せるのはこれくらい。
お互いがお互いを人生の戦友と思い、背中合わせでこれからもやっていくと思っていたのに事務所に離され(まあ山下の素行もあるけどそれも含め)、それでもやっぱりいつか2人で何かしたいね、とずっと言っいる。叶えてほしい。ジャニーズに残るって決めたのだから、何年かかってもいい、実現してほしい。
表立ってべたべたくっつくような感じではないのが山斗のいいところ(でもたぶんお互いに対するパーソナルスペースは0だと思う)(山下はめっちゃ寄って行くけど)

※これはついったで見かけて自分もそうそうと思ったことだけど、山下が共演したい共演したいって言うのはとてもいいけど、生田(のみならず風間と長谷純も)が築いてきた今の位置を山下によって崩されたくないからその辺はホント配慮してね、山下、って感じ。今までいろいろあって今があるから。まぁ、生田も素行がそこまでいいとは…まぁ…そのね……うん。

追記
●有名なパレットタウンの観覧車エピ。行列に並べるかどうかという質問に対してNOと答えた生田。それに対して山下が「(行列並ぶの)イヤって言ったけど一緒に並んで観覧者乗ったじゃない」と暴露。これはパレットタウンの観覧車に山下が乗りたいと言い、周りがカップルだらけの中ならんでいたというやつ。


02:43 AM - 21 Feb 16 via Twishort web app

Reply Retweet
Twimap New!
Twitter on the Map.
TwiAge
Find out your Twitter age.
Your Ad Here
Contact us for details.