@chibitakugakudo
ちびたく学習学童教室〜0時迄『非公式』

学童保育に必要な要素

毎日子どもが接している学校の先生などは教育のみに特化して日々注力、精進し平均でクラス35人近くを信頼で統率しています。日々様々な事が起こり、乗り越えます。
学童保育においても学校と同様に、数時間一緒にいる塾や習い事では発生しない事案や、塾では対処できない家庭に近い要素を含んだ実態が日々発生します。
ですので、学童保育では3人、4人という保育の延長ではなく、30人、40人の子ども達を統率する、教育に日々特化してきた経験でしか身につける事ができないノウハウが多数存在し、必要になってきます。
学校も、家庭も、悪いことをしたら、しっかりと叱りますし、ビシッと怒鳴ることも普通にあります。わがままが通らず、我慢させることもあります。子どものためにも指導には必要なことです。

しかし、子どもとの信頼関係が築かれているので子どもは嫌いません。
そういったことが商材として参入する異業種母体や、経験の浅い方では中々厳しいのが何十年と教育現場経験のある専門家筋の言葉を加味した中立的な感想です。

子供同士のトラブルも必ずあります。まったく無い状況は考えられず、無い状況は他人行儀になっており、リラックスして個を出せていない状況であまり良いとは言えません。

悪いことをしたらやった方、やられた方の両方『ちょっとおいで!』と話を聞いて諭さねばなりませんが、心の教育はどうでしょうか?

仕事と教育の両立のできないサポート時間や価格、内容など、ただ遊ばせるだけは子どもの成長にとって非常にもったいないです。
低学年〜児童は日々、日本語を話す、聞く、書く、読むを練習しており、様々吸収しています。

お家の方には、どこの職でも働くことができ、通わせることが子どもにもプラスになる子育て環境は、両親の殆どの悩みを解消してくれはずです。

そして、学童塾なども価格が高くなればなるほど良い教育だとは必ずしも言えない事に気づいていると思います。
大きな組織では資本力も大きく、広告費や、人件費もかけているので価格に跳ね返っていると知っていると思います。

低学年〜の子ども目線においては価格の高低や、組織の大小、作られた広告等の見映えなどはまったく関係がなく

その場に来る子どもにとって居心地が良いか?
できた!と喜びを得られるか?
子育て経験のあるお母さん視点でのケアが可能か?
家庭や、学校での実態を心と身体でもって本当に知っているか?
遊びと学習のメリハリや、たまにはお笑いのボケを挟みながらも、時にはビシッと子どもを統制できる父性がいるか?
などなど沢山の要素があります。


そして、見落としてはいけない重要な点は
『お家の方が金銭面、生活面、で幸せになれるか』どうかです。それは子どもも享受できます。


さまざまな母体の学童がある中で、技術が高いのは当たり前ですが、私たちは今まで子どもの指導と家族をみてきた経験を経て、技術だけでは本当にお客さまのお役に立てることはできないと考えています。小さな戸建てで、交通の便もいいとは言えませんが

『お客さまがなりたい本当の自分と子どもに与えたい教育』

それをお客さまと一緒に見つけていきたいと、日々お手伝いをさせていただいております。

大人目線と子ども目線は違い、発達段階において子ども目線での戸建は家庭のイメージを土台としており、学習学童教室はただの学童ではなく、スタッフや、いろいろな学校のお友達と家族のように過ごすことで、不足気味なコミュニケーション力がつきます。
また、お母さんが切り盛りするので、温かいケアが可能です。

業界何年もの経験を持つお母さんや、先生、教育ボランティアの方の支援により、お子さまに合わせたオーダーメイドのようなご利用を提案しています。
学習型の学童を経験されていない方も、利用したことがある方にも、工夫による(第二言語として)の英会話や主要学習、自然と触れ合うイベントなど、おすすめをご用意し、他にはない時間枠、手作りだからできる生活に優しい価格の食事などで、お仕事をサポートしています。
また、データを元にした隠し味もあります。

地域一番といわれるくらいの
「子ども想い、家族想いの、生活に優しい価格」になっています。

また、各地の地域で見守るネットワークに参加していただける方もお待ちしてます。


via Twishort Web App

Retweet Reply
Made by @trknov