@drastic_oval
Kaji

.@mohumohu_savior 昨晩問い合わせを頂いたリリスの起き攻めについて、基礎的な事柄をまとめてみました。
画像や動画がないためわかりづらいかもしれませんが、時間のあるときにでもご一読ください。
基本はあくまでも端に詰めるための布石、です。

□◆ リリスの起き攻めについて:基礎編 ◆□

▼起き攻めの際に念頭に置くこと
リリスを使って起き攻めを仕掛ける場合、念頭に置くことは【相手を画面端に追い詰めること】。
画面端に追い詰めることによるメリットは、

①コンボダメージの倍加&攻めのプレッシャー増大
②立ちまわり不利の緩和
等々、画面端に詰めるだけで戦局を変えることができる。

そのためにも、「ダウンを奪った後にやってはいけないこと」は
①追い撃ち攻撃を当ててしまうこと(=リリスの追い撃ちは当てると本体が攻め手と反対側に行ってしまうため)
②相手が前移動起き上がりしてきて、左右が入れ替わってしまうこと
この2点。これを禁止事項として意識すること。
※特に追い撃ち攻撃に関しては、始めのうちはトドメ以外に使うこと自体禁止しても良い

▼ダウンさせた技によって起き攻めパターンを変える
リリスはダウンを奪う技が豊富だが、それぞれダウン後の間合いが(ほぼ)一定の技と、そうでない技に分かれる。
①ダウン後の間合いが一定の技=ルミナスイリュージョン・通常投げ(地上&空中)
②ダウン後の間合いが不定の技=シャイニングブレイド・ソウルフラッシュ(空中ヒット時)

いわゆる「セットプレー」が狙いやすいのは①の技群になる。
但し、実際に狙いやすいのはダウン奪取後の猶予フレームが大きいルミナスヒット後に限られる。
※細かなセットプレーはキャラ別に全く違うため、ここでは割愛

②の技群でダウンさせる場合、技の打点によって、あるいは間合いによってダウンする場所が違うため、セットプレーは狙いづらい。
大半のダウン奪取技は②になるため、まずは先に記載した、①反射的に追い撃ちしない ②相手の前移動起きで左右入れ替えをさせない
ことを意識し、更に(理想は) ③相手の後ろ移動起き上がり先に技を重ねられるような間合い取り をすること。
具体的には【ダッシュ中Por中Kの先端を当てれる間合い取りをして、後ろ起きを追える体制でいる】こと。

中下段の直二択を持たないリリスにとっては、【攻め手をどこまで継続できるか】が起き攻めの主眼になる。
まずは地道に、相手を画面端に詰めつつ攻め手を継続できる起き攻めを身につけること。
大ダメージを狙えるセットプレーの学習はその次に。


via Twishort Web App

Retweet Reply
Made by @trknov